お魚のネタ帳!フィッシュをコーディネート!

お魚をもっと美味しく!もっと上手に、をモットーに、お魚の上手な利用法などをご紹介します。

月別: 2017年2月

今年の宮城県のワカメの状況

今年の宮城県のわかめの生産量は昨年の1.3倍。 昨年は爆弾低気圧にやられ、大きな被害にあいました。 また、中国のわかめが生育不良により、半減でした。 今年は中国はどうなるか、まだ分かりません。 しかし宮城は生産量を増やし […]

南米のいか漁。今年の日本のイカの価格にも影響があるでしょう。

南米のいか漁 アルゼンチンもペルーもしばらく不漁でした。 今年はそこそことれているようです。 一方、昨年高騰した国産のスルメいか。 この原因の一つそしてアルゼンチンのイカの不漁がありました。 なので少しは落ち着いた価格に […]

2017年の北欧のししゃも漁、アイスランドが増枠に! 今年は価格が下がりそうです

今年の北欧のシシャモ漁はノルウェーは相変わらず禁漁です。 しかし、アイスランドは資源量が増えたと判断し、24万トンの漁獲枠(ここまで獲ってもいい、というお墨付き)を示しました。 これが順調に獲れれば、昨年来のカラフトシシ […]

岩手県宮古市田老町のわかめの美味しさの秘密は?日本一美味しいわかめ!

岩手県宮古市の田老町漁協の真崎わかめ。 個人的には鳴門のわかめと甲乙つけがたい美味しいわかめ、と思っています。 岩手のわかめが美味しい秘密はこだわりの育て方にあった! 岩手のわかめはこだわりをもって育てられています。 そ […]

ボイル帆立が食べられなくなる?価格高騰で

いや、食べられますよ?お金出せば。 でも、今年はほんとに少ないですよ。 春、夏のバーベキューに帆立なて、食べられませんよ。 価格上昇の要因としては 昨年の台風の影響が大きいです。 ボイル帆立を生産している噴火湾というのは […]

干しスルメの歩留まりは?生イカからどのくらい軽くなる?

するめいかを干しするめに加工した場合の歩留まりはどうなると思いますか? 干しスルメは生イカからの歩留まり20%! 生イカを干しスルメに加工すると、歩留まりなんと約20%です。 つまり200gの生のスルメイカを開いて内臓を […]

今年は輸入の鮭も高い

今年の銀鮭はここ数年で一番高い価格になっています。 理由はいろいろあります。 チリでの養殖している銀鮭。赤潮のため稚魚が大量死しました。 そのため生産量が減り今年日本に入ってくるギンザケの量は約6万トン。 平年8万トンと […]