スーパーなどで赤魚粕漬けや、煮魚用で販売され、安価で味が良いので人気の赤魚。でもこれって、色々な魚の一般名称なんです。

赤魚とは

赤魚とは、水産庁の魚介類の名称ガイドラインによると
アラスカメヌケチヒロアカウオモトアカウオ上記の、近い3種類の一般的名称のことです。

水産庁の水産庁の魚介類の名称ガイドラインより画像引用

アラスカで漁獲されるアラスカメヌケに対して、モトアカウオは大西洋で取れるのでタイセイヨウアカウオとも呼ばれることもあるそうです。

赤魚、3種類の違

赤魚は3種類の違う魚なので若干色が違います。

アラスカメヌケは脂が特にのっているが色は黒め

アラスカ産の「赤魚」は脂があって美味しいです。
色目は、全体的には赤いのですが、若干黒い色が混ざっています。

色が黒っぽいから赤魚と呼べない、と言われたりします。

モトアカウオは色がいい脂質は劣る

モトアカウオは色が赤々しています。これこそ本当の赤魚、という感じです。

脂質はアラスカメヌケにやや劣ります。ただし漁獲時期などによっては脂が乗っているものもあります。

赤魚の栄養は?

赤魚の栄養は文科省の食品成分データベースによるとアラスカめぬけの生の栄養は

  • エネルギー96㎉
  • タンパク質17.2g
  • 脂質3.4g
  • 炭水化物0.1g

となっております。

https://fooddb.mext.go.jp/result/result_top.pl?USER_ID=10255

食品成分データベース「アラスカめぬけ/生」参照

赤魚(生)のタンパク質量はマダラと同じ17.2gです。
マダラ(生)の脂質は0.2gなので、赤魚の方が脂がのっているといえますね。

ちなみに真さば(生)のタンパク質と脂質はそれぞれ20.6g、16.8gです。
脂ののりでいえばサバは圧倒的ですね。

赤魚の美味しさ

栄養成分ではサバに負け気味な赤魚ですが、美味しさではどうでしょうか。

赤魚は皮もおいしいですし、皮と身の間には旨味と脂が詰まっています。
身はしまっているのにふっくらしていて、加熱して食べるとおいしいですね。
また骨の周りも大変おいしいです。
また臭みもないので、とても人気の魚です。

赤魚のレシピ・食べ方

赤魚は煮つけ、焼き物で食べられています。
煮つけは醤油の色が付くので、黒っぽくなります。
なので煮つけにするにはアメリカ産の赤魚がおすすめです。

焼き物は干物だったり、粕漬けなどが美味しいですね。

赤魚粕漬けのレシピ

大変美味しい赤魚の粕漬けのレシピをご紹介します。

  1. 赤魚のウロコが気になる場合はこそげ落とします。
  2. 全体に塩を振り、冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。
  3. 水分が出てきたら水を切り、ジッパー付きの袋に赤魚と粕を入れます。
  4. 漬ける粕は一から作ると大変なので、漬け用の粕が便利です。
  5. 袋に入れたらなるべく空気を抜きます。
  6. 1日から2日、冷蔵庫で漬け込みます。長く漬け込むほどに粕が浸透しますので、お好みで調節してください。
  7. 漬け上がったら、粕をキッチンペーパーで落とし、弱火でじっくり焼きます。

赤魚の寿司

また、近年では寿司ネタなどにも加工されています。
寿司ネタの赤魚は個人的にはあまり…という感じです。
ただ、白身の魚のネタではぴか一に安いので見かけたらチャレンジしてみてくださいね。