ギンダラというお魚をご存知ですか?脂がのって、とても美味しい魚です。

煮付けや焼き魚で食べられます。西京風味噌に漬け込むと、特に美味しいです。

美味しい魚なので、高級な魚屋さんで贈り物などに使われます。

メロという魚に味や切り身の見た目が似ています。なので一緒くたにされることもあります。でも、違う魚です。

メロに関してはこちらをどうぞ!:メロとは?銀ムツと何が違う?https://fish-neta.com/melo-fish/

どんな魚なのか、早速見ていきましょう。

ギンダラは主に北米の西海岸で漁獲される!

銀ダラは主に北米の西海岸で漁獲されます。アラスカとか、カナダですね。

日本に入ってくる主な産地としては

  • アメリカのアラスカ州
  • カナダ
  • アメリカのワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州

などです。

基本的には北へ行くほど品質が良い、とされています。

ギンダラはタラとは全然違う魚です!

ギンダラは、「タラ」とついていますが、カサゴの仲間だそうです。

「たら」とつくが、タラの仲間ではなく、カサゴ目ギンダラ科の魚。

https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A9
ぼうずこんにゃく様のページより引用

カサゴの仲間なんですね。

じゃあなんで”タラ”と付くかというと、見た目が細長く、タラのようだからです。

ギンダラの味は?

ギンダラは大変脂ののった美味しい魚です。脂も上品な脂で、くせがありません。ほのかな甘みも感じられます。

脂のある魚なので、味噌や粕で漬け込むと、とても美味しいです。脂と濃い味付けの相性がいいんですね。箸を入れると身はホロホロとくずれ、脂がじゅわっと出てきます。

また、甘じょっぱく煮付けるのもおすすめです。煮付けるとトロッとした身がとてもジューシーです。

逆に塩焼きなど、シンプルな味付けだと少し物足りないかもしれません。ギンダラは濃い目の味付け、と覚えておきましょう。

ギンダラは釣りや曳き網で漁獲される!

ギンダラは釣りや曳き網で漁獲されます。

釣りのほうが鮮度が良いです。曳き網は鮮度が悪いことがあります。

なので、選ぶ時は注意が必要です。

ギンダラの美味しい選び方

ギンダラの美味しい選び方を見ていきましょう。

前述のように、釣りのギンダラの方が鮮度が良いことが多いです。でも網で取ったものでも引き揚げる時間が早ければ鮮度の良いものもあります。また、寒いところで漁獲されたものは劣化しづらいです。水揚げして、船の上で急速凍結したものも鮮度が良いです。

ギンダラの選び方・見た目でいうと…

ギンダラがブヨブヨしていたら、少し鮮度が悪い可能性があります。冷凍で販売されていたら、身色をみてください。皮が白っぽくて、乾いていなくて、断面の身が白いものは鮮度が良いです。

ただ、なかなか見分けがつきづらいですよね。

産地でギンダラを選ぶ。間違いないのはカナダ産。

ギンダラは、産地や、漁獲方法、漁獲後の管理で鮮度がかなり変わってきます。脂のある魚なので、傷みも早いのですね。

でもお店でそれを見分けるのは難しいです。

なので、カナダ産を選べばだいたい間違いないです。

カナダは割りと寒い場所に位置します。また、ギンダラの漁船はほとんど船内に冷凍設備を備えています。なので、鮮度がよく、脂ののりが良いのです。

もちろん他の産地がダメなわけではないですよ。品質がまちまちなので、安定しているカナダをおすすめしています。

ギンダラの値段は?

ギンダラは値段の高い魚です。たまに食べる魚ですね。

値段は高いものだと100gあたり、398円位します。アメリカ産の牛肉ステーキ位ですかね。安いと100g198円位でも販売されています(2020年時点)。これだと豚肉の肩ロースに近いですよね。

ただ、安いギンダラは脂ののりがいまいちです。脂ののりがいまいちなギンダラは煮魚で美味しくいただけますよ。

まあ高級な肉よりも安い、という感じです。近年肉はブランド化が進み、高級になってきました。

そう考えるとお魚の贈り物なんでのもいいですよ!

ギンダラまとめ

というわけでギンダラについてみてきました。

ギンダラはメロと並ぶ高級魚で、脂ののった美味しい魚です。

濃い味付けと相性がよく、西京風の味噌や煮付けなどで食べると最高です。

また選び方としてはカナダ産が間違いない、ということでしたね。

参考にしてみてくださいね!