2017年はアニサキスが大きな話題となりました。

サーモンやその他多くの魚介類に寄生しているアニサキスです。

生食は危険なので、加熱済みのものや冷凍済みのものを食べるように、といことでした。

その為にスーパーのお刺身が売れなくなった、ということです。

サーモン料理


スポンサーリンク

空輸されるサーモンにアニサキスはいるの?

そうなると気になるのはフレッシュ(生)で空輸されるサーモン。

ノルウェーからは航空便で空輸されています。

このサーモンに寄生虫はいないのでしょうか。

100%は防げない

養殖は管理した餌を与えているので基本的にはいません。
薬なども与えています。

もし寄生虫がいたら問題になります。

しかし100%防ぐのは不可能です。

海上の生簀で飼育するため、網目をくぐりぬけて天然の餌が入り込みます。

ここに寄生虫がいたら、サーモンも寄生されるわけです。

その為、養殖といえども完全には防げません。

アニサキスの対策は?

 

冷凍されたものを買う

やはり心配なら一度冷凍されたものを購入されたほうがよいと思います。

完全に冷凍状態で24時間経過すれば死滅するようです。
サーモン

目視で取り除く

アニサキスは体長1センチ以上になります。

なので目で見て取り除くこともできます。

ただ、肉の中に入り込んでいたら見つけるのは困難です。

よく噛んで食べる

よく噛んで食べれば寄生虫も死滅します。

なのでよく噛んで食べましょう。

まとめ

 

  • 天然のサーモンの生食は危険!特に天然物の生食は避けましょう。
  • 養殖は固形飼料や薬を与えているので少しは安心できるます。
  • 養殖でも100%アニサキスを防ぐのは不可能。
  • 心配なら加熱して食べるか、解凍ものを食べましょう。
というところでした。

あまり過度に心配せず、気を付けて食べるようにしましょう。