2017年はアニサキス症が大きな話題となりました。芸能人がアニサキス症にかかったことが相次いで報道されました。

アニサキス症急増 有名人も食中毒に(産経新聞より)

その原因はサーモンやその他多くの魚介類に寄生しているアニサキスです。このアニサキスに寄生されると胃に激痛がはしります。罹ったらすぐにお医者さんへ行きましょうね。

その為にスーパーのお刺身が売れなくなった、ということです。

サーモン料理

刺身のサーモンにアニサキスはいるのか?

そうなると刺身で食べるサーモンが気になりますよね。実際刺身で食べるサーモンにアニサキスはいるのでしょうか。

結論からいうと、います。ただし、いるといっても養殖か天然か、解凍したものか生かでアニサキスがいる可能性が変わってきます。なのでそのあたりを解説していきますね。

天然のサーモンにはアニサキスがいる!

天然のサーモン(サケ)には、まずアニサキスがあると思ってください。この天然のサーモンを獲れたての生で食べるのは危険です。

養殖のサーモンにアニサキスはいるの?

養殖のサーモンは人間がエサを与えています。養殖は管理した餌を与えているので、サーモンにもアニサキスが寄生することが少ないです。基本的に養殖のサーモンにアニサキスはいません。また、薬なども与えています。もし寄生虫がいたら問題になります。

しかし100%防ぐのは不可能です。サーモンは海上の生簀で飼育するため、網目をくぐりぬけて天然の餌が入り込みます。ここに寄生虫がいたら、サーモンも寄生されてしまいます。

その為、養殖といえども完全には防げません。

サーモンのアニサキスの対策は?

養殖でも完全にアニサキスを防げません。そうするとどのようにアニサキスを防げばよいでしょうか。

一度冷凍されたものは安心

サーモンは、一度冷凍されたものを購入するとよいと思います。

アニサキスは、完全に冷凍状態で24時間経過すれば死滅するようです。

サーモン

そのため「解凍」と表示されたサーモンを買いましょう。

北海道ではサーモン(鮭)を一度冷凍し、半解凍で食べる「ルイベ」という料理があります。これも保存とアニサキス対策の知恵ですね。

生のフレッシュサーモンを食べるときは?

まったく冷凍していないサーモンもあります。ノルウェーなどから空輸されている、アトランティックサーモンや、キングサーモンです。

このあたりはアニサキスは大丈夫なのでしょうか。

基本的には養殖なのでアニサキスの心配は少ないです。

ただ、前述したように100%ではないので、以下の対策をしましょう。

目視で取り除く

アニサキスは体長1センチ以上になります。なので目で見て取り除くこともできます。

薄くスライスする

目視は肉の中に入り込んでいたら見つけるのは困難です。包丁でスライスするときは薄めに切りましょう。

よく噛んで食べる

よく噛んで食べればアニサキスも死滅します。なのでよく噛んで食べましょう。

近年アニサキス症が増えている理由は?

近年アニサキス症が増加傾向だそうです。これは寿司や刺し身などが身近になった結果と云われています。

また、先人が持っていたアニサキスに対する知恵が若い世代に受け継がれていない、という話も聞きます。魚を捌かなくなった結果、アニサキスを見かけることが少なくなったのも一因です。

刺身のサーモンにアニサキスはいるのか?まとめ

というわけで刺身のサーモンにアニサキスはいるのか?についてみてきました。

以下まとめますと

  • 天然のサーモンの生食は危険!特に天然物の生食は避けましょう。
  • 養殖は固形飼料や薬を与えているので少しは安心できるます。
  • 養殖でも100%アニサキスを防ぐのは不可能
  • 心配なら解凍ものを食べよう
  • 生のサーモンは良く観察しよう
  • 良く噛んで食べよう
というところでした。

あまり過度に心配せず、気を付けて美味しくいただきましょう。