先日鉄腕ダッシュを見ていたら、10年ほど前から東京湾でアカエイが水揚げされるようになったとのこと。

最近海水温が高いせいか南の方でしか取れなかった魚が来たの方でもとれるようになりましたね。

北海道でブリが水揚げされるのももはや日常の光景です。

やはり海水温が暖かい影響と思われます。

アカエイは美味しい

前述の鉄腕ダッシュで、厄介者のアカエイを調理して食べていました。

アカエイは大きなヒレを持っています。

食べるのはこの大きなヒレです。

他の場所は捨てちゃうみたいですね。

また尻尾には毒があるので十分に気を付けた方がいいそうです。

ヒレの皮をはがし、刺身でも食べていました。
アカエイって刺身でも食べられるんですね。

調理をしていた方の話だと、鮮度の良いものは刺身でも食べれられる、とのこと。

エイヒレのコリコリした感じが刺身にも出ているんだろうなあ。実際コリコリした食感ともっちりした食感が共存して、しかも臭みが全くないそうです。

TOKIOも絶賛していました。

また加熱するとまた違った美味しさがあるそうです。

ほぼ加熱が前提の洋風の料理にもとても合うそうです。

南の魚が北でも獲れるようになってきた

海水温が暖かく、普段食べない魚が水揚げされています。

獲れたものを人間の知恵で美味しく調理して食べていきたいですね。

また、食べられている地方へ売り込む、というのもいいですね。

アカエイは西日本では割と食べられているようですしね。


スポンサーリンク

エイヒレは酒の肴に最高

エイと言えばエイヒレでですよね。

コリコリしてて噛めば噛むほど味が出るので酒の肴に最高です。

エイは毒針を持った厄介者、というのであればもっと積極的に利用したいものです。

ただし乱獲は慎まなきゃいけないですけどね。