お魚のネタ帳!フィッシュをコーディネート!

お魚をもっと美味しく!もっと上手に、をモットーに、お魚の上手な利用法などをご紹介します。

月別: 2016年11月

するめいか、ちょびっと値崩れ

八戸のスルメいか 高値から、値崩れを起こしているそうです。しかし量販店からするめいかが姿を消したことで、需要がしぼみ、価格が下落したようです。といってもまだまだ高すぎです。スーパーに顔を出す価格までにはなっていません。

田作りとは?年々高くなる

正月のおめでたい料理とされる「田作り」。 そんな田作りってご存知ですか? 鰯の小さいものを佃煮にした料理です。 昔は田んぼに蒔いて肥料にしていたくらい豊富に漁獲されていました。 だから作物をよく育ててくれる肥料である鰯が […]

日本で養殖される銀ざけ。三陸の養殖は下火ですが、他の各地ではブームといってもいいくらいサーモンの養殖は盛んになってきています。

弓ヶ浜水産 鳥取県の境港市にあるそうです。 そこではギンザケの養殖をおこなっています。 ここは意外にも山間で育てているそうです。 淡水で成魚までギンザケを養殖する。 サケ科の魚はニジマス(トラウトサーモン)など、淡水でも […]

チリ産の銀ざけ。こちらも価格上げ傾向。

お弁当にも人気のチリ産銀ざけ。昨今のチリの赤潮の影響により、稚魚が死に、減産となっております。加えてアトランティックサーモンを買っていた国が、アトランティックサーモンの減産により、銀ざけを買うようです。日本のチリ銀の年間 […]

お刺身用のサーモン、じりじりと価格上昇

お寿司に、刺身に大人気のサーモン。子供に大人に、男女問わず大人気です。 人気の秘密は安くてうまいこと。 その取り柄の安さが、2016年の年末から来年にかけてピンチなのです。 お刺身用のサーモンは主にトラウトという魚です。 […]

輸入エビの日本の値段は短期日本の受給で決まります。円が強いので。

輸入のエビの日本の単価は、短期的には日本の国内の需給で決まっていきます。 また、長期的には現地の生産量などの影響を受けます。 2016年夏からブラックタイガーの日本国内の価格が高騰していました。 高くなりすぎたためか売れ […]