fish-746998__340
※写真の左に写っている海老がスキャンピーです。

エビのスキャンピー(スキャンピ・スカンピ)とは?

スキャンピーという名前を聞いたことないでしょうか。

スキャンピーはアカザエビの仲間です。

日本の赤座海老(アカザエビ)に近い海老です。

ローマ字で書くと「Scampi」です。

イタリア語でスカンピです。

スキャンピーとかスキャンピとも言います。

フランス語ではラングスティーヌ(ラングスチーヌ)と言うそうです。

スキャンピーは手長海老、ともいわれます。

しかし日本でいうところの手長海老は、淡水に生息する海老です。

なので手長海老とはちょっと違います。

スキャンピーはザリガニ下目なので、ザリガニの仲間です。

海のザリガニ、といえます。

実際海底を歩いて生活しているそうです。

アイスランド、ニュージーランドなど、比較的寒いところで漁獲される海老です。

ニュージーランドのスキャンピーはニュージーランドアカザエビ、といいます。

ヨーロッパのスキャンピーと見た目も味わいも近いです。

スキャンピー(スキャンピ・スカンピ)は欧米で人気!

スキャンピーはイタリアやフランスなどでは人気の食材です。

欧米ではエビとしては割と一般的のようです。

味も美味しいし、見た目もいいです。手が長く、華やかな色合いです。

prawn-662566__340
※またまたスキャンピーの画像です。

スキャンピーの産地は?

スキャンピーの主な産地はニュージーランド・アイスランドなど、割とどこでも漁獲されています。

ニュージーランド産ものが評価が高いようです。

近年はニュージーランドのものが高値です。

アイスランドのものは価格は安めなので狙い目です。

ニュージーランドのものは殻が柔らかく、アイスランドのものは殻が固い印象です。

ヨーロッパのスキャンピーは品質が良くない、という評判がありました。

漁獲から港へ帰るまで一週間もかかることがあり、その間は冷蔵での管理です。

そのため鮮度が劣化していたようです。

しかし船によっては船内凍結しているところもあるそうです。

こうした船内凍結品は品質がよいです。

日本のスーパーにはまず並ばない食材です。

食べ方もよくわからないですしね。

スキャンピーの食べ方

スキャンピーは美味しい海老です。

味噌も美味しく、身はボタンエビのよう。

そのため、鮮度の良い物は生食でもいけます。

熱を加えてもやわらかく、甘い海老です。

焼き物やスープで煮て食べるのが一般的のようです。

ホテルのディナーやフレンチレストランなんかで食べられるところもありますよ。

試してみたい方はこちらからどうぞ。↓↓

 

僕はホテルのディナーで食べました。

スープで茹でて、頭の中に味噌と絡めたリゾットが詰められていました。

こんな食べ方もあるのですね。

スキャンピーの味は?

そのスキャンピーの頭をちゅるっと吸うと、味噌とスープの効いたリゾットが出てきて、美味しかったです。

こんな風に、ミソも美味しいんですよね、スキャンピーって!

身のほうもやわらかく、エビの味が濃くて美味しかったです。

甘えびの甘さと、味噌の美味しさがあり、でも甘エビよりも食べ応えがある。

加熱して食べるととっても美味しい海老ですよ。

見た目もいいですし、クリスマスや年始のごちそうにいいですよ。

ぜひ、試してみてくださいね!