縁起物の数の子。

子だくさんに通ずることから、縁起物として、お正月などに珍重されています。
最近は安い数の子が出回っているせいか、あまり「ご馳走の感じ」がなく、人気がいまいちです。

それに安い数の子を食べてがっかりしてしまうこのもあると思います。
安い数の子はパリパリの食感がないですね。

以前、年配の方に「昔の数の子は美味しかったよ」と言われたことがあります。

風味もあり、旨みもある。そして何物にも代えがたい、パリパリの食感!

今の数の子はなんで美味しくなくなったのでしょう。

いや、美味しいですよ、パリパリ食感の無い、安いものも。

だけどパリパリの食感がないのは、数の子の魅力の半分しか味わっていないと思います。

美味しい数の子の選び方

しっかりと、良いものを選べば、数の子はとても美味しい食材です。

ということで、パリパリ食感の美味しい数の子を選ぶポイントをまとめました。

美味しい数の子は産地が重要~太平洋側のものがいい?!

まず、北米の産地の数の子なら、アラスカとか、カナダの西海岸とか、太平洋側の産地を選ぶことてす。

北米の西海岸の物は、東海岸のものに比べ、食感がよいです。

これは西海岸(太平洋側)は砂地が多いので、ニシンは昆布に卵を産み付ける必要があります。
水に流されないためですね。

そのため、粘着質のたんぱく質を卵に含んでいます。

漁獲されるとその卵がおなかの中で硬くなる、というわけです。

それがパリパリの食感につながります。

ちなみに大西洋側は岩場の隙間に卵を産み付けるそうです。

卵を硬くせず、岩の隙間に卵が入り込むようになったほうが、生存率が上がる。
そのため、北米の太平洋側の数の子はパリパリ感が少ないのです。

美味しい数の子はカナダ産が良い?!

それとカナダのものがよいです。

食感と旨みのバランスが秀逸です。

あまり北のほうの産地になると、卵に脂がのってきます。

脂がのると、よいと思われるかもしれません。

しかし数の子の場合は、脂がのりすぎると、パリパリの食感を損なう原因になります。

なのでカナダのものがちょうどよいのです。

美味しい数の子の選び方まとめ

パリパリとしていて、旨味もある、美味しい数の子。

それは「カナダの太平洋側のもの」ということになります。

もしカナダ産が手に入らなくても「北米のもの・太平洋側のもの」が品質が良い、と覚えておきましょう。

同じカナダ産でも東海岸の数の子は別物。ふにゃふにゃです。

大体、味付け数の子として販売されています。

価格も安いです。

およそ100㌘あたり300円、といったところでしょうか。

それでも美味しいですけどね。

でも食感も求めるのならやはり西海岸・太平洋側の数の子です。

価格は100㌘あたり、600円位でしょうか。

だいぶ高いですね。

塩数の子、として販売されていますよ。

お正月くらい、パリパリ食感の数の子に近い味を味わってみてはいかがでしょうか。

また、贈り物にもおすすめです。子だくさんの縁起物ですからね。
あのパリパリ食感とうまみ。贈り物に喜ばれること請け合いです!!

数の子の産地別の特徴についてはこちらをお読みください。

数の子の産地別特長↓

https://fish-neta.com/world-kazunoko/