アラスカのずわいがに、オピリオ種の価格が上がっているため、日本の商社はバルダイ種に興味を示しているようです。

オピリオ種とバルダイ種は、同じずわいがになんですが、微妙に種類が違うんです。

オピリオは日本ではおなじみのずわいがに。だいたいの日本人が「ずわいがに」と言ってイメージするのはこちらです。

対して「バルダイ種」は、日本人にはなじみのないずわいがにです。

実は数年前くらいにもオピリオ種が減産して輸入量が増加したことがあるので知っているかたもいらっしゃるかもしれません。

【バルダイ種の特徴】

オピリオ種よりとげが多く、肩肉が大きめ。色はオピリオ種が赤みが強いのに対し、バルダイ種はオレンジっぽいです。

身質がしっかりしていて、甘みが強く、美味しいですよ。

かに料理店で、この「バルダイ種」をご指名で仕入れるかたもいらっしゃいます。

ただ、水揚げ自体も少なく、ロシア、アメリカ、ともにオピリオ種の2割程度の量となっています。

日本への搬入が少ないので、数を集めるには苦労しているようですが。

この際、味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。