日本で人気絶大なチリ産の銀鮭。

「チリギン」の愛称で親しまれています。

そんな大人気のチリ銀ですが、日本人の活躍でチリでの銀ザケ養殖がはじまったのです。

チリ銀の歴史

もともと鮭類がいなかった南半球に、鮭を定着させようという動きはありました。

例えばニュージランドにおける、マスノスケ(キングサーモン)の定着などの成功例があります。

しかし南米にはマスノスケは定着しませんでした。

日本の鮭の旬は秋です。
日本政府はタンパク源である鮭を国民に年間を通じて供給したい、という思いがあり
ました。

当時から冷凍技術はありました。

しかし、日本の鮭を年間を通して在庫しておくのは、劣化や資金繰りの問題がありま
す。

そこで南半球からの鮭輸入を模索しはじめました。

また、チリ政府も所得の低い南部地方の産業を探していました。
こうして両国の思惑が一致したのです。

始めは日本人が好きな紅鮭を放流し、定着させようとしました。

しかし紅鮭はうまく定着しませんでした。

銀鮭は海に降るまでの期間が短いので、海面養殖しやすいです。

チリは餌であるアンチョビ(いわし類)などが豊富に手に入ります。

そんなこんなで、徐々に銀鮭の養殖にシフトしていきます。

そこら辺の事情がよく書かれている本が以下です。
チリ銀を取り扱う人が持っていると、話に深みがでます。
おすすめです。

南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち―ゼロから産業を創出した国際協力の記録 (地球選書)
https://amzn.to/2SjQwlx

チリ銀の歴史
マルハニチロ「サーモンミュージアム」より
https://www.maruha-nichiro.co.jp/salmon/fishery/09.html


〈PR〉