銀葉草とは?

銀葉草はアカモク、ながも、と似ていますが、違う植物のようです。

生の銀葉草

 

ただし、非常に近い種類のようではあります。

いずれもホンダワラ科の海藻です。

そして最近、その健康効果が注目を集めています。

銀葉草とナガモ、アカモクの違い

銀葉草とナガモ・アカモクは何が違うのでしょうか。

DNA検査をしたわけじゃないので、生物学的なことはわかりません。

ただ、いろいろと違います。

まず、見た目がちょっと違います。

ナガモの茎の断面が丸いのに対して、銀葉草は平べったいです。

銀葉草は平べったい
銀葉草は平べったい

 

そして銀葉草はすこし青のりの風味があります。

磯の風味ともいえる、かぐわしい香りです。

それに対して、アカモクはそれほど香りがありませんでした。

また、ぬめりも銀葉草のほうが強い気がします。

銀葉草の旬はいつ?

銀葉草(ぎんばそう)は冬の時期、日本海側で取れる 冬の味覚です。

2月から3月にかけてぬめりがでて、美味しくなります。

銀葉草のレシピ

そんな美味しい銀葉草(ぎんばそう)のレシピ・食べ方をご紹介します。

銀葉草のみそ汁

銀葉草は一度湯がいてから使います。

湯がいてから味噌汁に入れます。

湯がいた銀葉草

 

私はこの食べ方が一番好きです。

銀葉草のポン酢和え

それからさっと湯がいてからポン酢で食べるのも美味しいです。

あんまり湯がきすぎると風味が飛びますので、調整してください。

銀葉草はしっかり火を通そう!

ただ銀葉草にはカニの幼生がくっついていることがあります。

カニは生で食べると危険な寄生虫がいることがあります。

なので、しっかりと加熱したいものですね。

銀葉草はシャキシャキした食感とぬるぬるした舌触り。いかにも健康に良さそうな海藻です。

お値段も安く大量に販売されています。

ちょっと生臭いところがあるので、できるだけ新鮮なものを選びたいです。

スポンサーリンク:私おすすめのお取り寄せショップはこちらです。お歳暮はこちらで決まりです!
年末年始はお取り寄せで美味しいものを食べましょうよ。