スポンサーリンク

紅子、ます子と筋子、何が違う?って質問をたまに受けます。

上記には魚の種類と状態の種類がごっちゃになっています。

なので解説していきますね。

そもそも筋子とは?

そもそも筋子とはいったいなんのことでしょうか。

筋子とは、主にサケ科の魚の卵がおなかの中にある状態のことです。

サケ科の魚の卵は粒々になっています。

その粒々が親のおなかの中にあるときは薄い膜によってくっついています。

このくっついている状態を「筋子」といいます。

また、その膜にくるまった卵を塩や醤油でつけた食品のことを言います。

いくらとは?

それではいくらとはどんな状態のことでしょうか。

いくらは上記の筋子の膜(筋)を取った状態のことです。

粒々になっている、あの状態ですね。

 

筋子をバトミントンのラケットのような網にこすりつけると卵が筋からぽろぽろと外れます。

この外れた卵が“いくら”です。

このいくらを塩漬けにしたり、醤油漬けにしたりして、スーパーなどで売られています。

ちなみに、いくらという言葉はロシア語で「IKURA=魚の卵」の意味だそうです。

紅子(べにこ)とは

紅子は「紅鮭の筋子」のことです。

紅子、という場合は特に紅さけの筋子のことを指します。

紅さけのいくら(筋をとったもの)は紅子、とは言わず、「紅サケのいくら」といわれています。

粒が小さく、見栄えがしないのであまりイクラとしては売っていません。

なので紅鮭の卵はほとんど紅子として販売されています。

ますことは

ますこは「ますの筋子」のことです。

こちらも筋子のことを「ますこ」と呼んでいます。

こちらはいくらの状態(粒々の状態)も結構販売されています。

回転寿司のいくらや、スーパーのパック寿司は「ますいくら」を使用していることが多いです。

価格が安いからですね。

スポンサーリンク

紅子、ます子と筋子の違いまとめ

まとめますと

  • 筋子は膜(筋)がついた状態
  • いくらは膜(筋)をとって一粒一粒独立しているもの
  • 紅子は紅鮭の筋子のこと!
  • ますこは基本的にはますの筋子のこと

ということです。

ご参考になさってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク