生筋子

こんにちは!

水産業に携わっておりますと、ます子と筋子、紅子、何が違う?という質問をたまに受けます。

これは魚の種類と卵の状態がごっちゃになっているのですよね。

なので解説していきますね。

「ますこ・ます子」とは?

一般的に「ますこ」とは「マスの筋子」のことです。

鱒(マス)という魚の、卵のことですね。

また筋を外したいわゆる「いくら」のことも「ますこ」と言ったりします。

筋子もいくらも両方「ますこ」で、どちらも間違いではないです。

でも単に「ますこ」といった場合は通常、ますの筋子のことを指すことが多いです。

これはオカムラ食品という会社が「ますこ醤油漬け」として宣伝・販売している影響も大きいですね。

オカムラ食品商品リンクhttp://okamurashokuhin.co.jp/product.html


〈PR〉

そもそも筋子とは?

そもそも筋子とはいったいなんのことでしょうか。

サケ科の魚の卵は粒々になっています。

その粒々が親のおなかの中にあるときは薄い膜によってくっついています。

このくっついている状態を「筋子」といいます。

また、その膜にくるまった卵を塩や醤油でつけた食品のことを言います。

食べると独特のコクや鮭の風味が強いですね。

この風味が好き嫌いのわかれるところです。

いくらとは?

それではいくらとはどんな状態のことでしょうか。

いくらは上記の筋子の筋(膜)を取った状態のことです。

粒々になっている、あの状態ですね。

いくら
おなじみのイクラです。

筋子をバトミントンのラケットのような網にこすりつけると卵が筋からぽろぽろと外れます。

また、お湯の中で手でほぐすやり方もあります。

生筋子からイクラを作る方法はこちらの記事をご参照ください。生の筋子からイクラ醤油漬けを作ってみた!

この、筋を外した卵が“いくら”です。

このいくらを塩漬けにしたり、醤油漬けにしたりして、スーパーなどで売られています。

いくらの塩漬け=塩いくらは素人では作るのが難しいそうです。

イクラ自体がやわらかいとつぶれてしまうので、作るならイクラ醤油漬けですね!

ちなみに、いくらという言葉はロシア語で「IKURA=魚の卵」の意味だそうです。


〈PR〉

紅子(べにこ)とは

紅子は「紅鮭の筋子」のことです。
紅子、という場合は特に紅さけの筋子のことを指します。

一般的には、紅さけのいくら(筋をとったもの)は紅子、とは言わず、「紅サケのいくら」といわれています。

粒が小さく、見栄えがしないのであまりイクラとしては売っていません。

なので紅鮭の卵はほとんど紅子(紅鮭の筋子)として販売されています。

ます子と筋子の違いまとめ

というわけでますこや、筋子との違いについてみてきました。

まとめますと

  • ますこは基本的にはますの筋子のこと
  • 筋子は膜(筋)がついた状態
  • いくらは膜(筋)をとって一粒一粒独立しているもの
  • 紅子は紅鮭の筋子のこと!

ということです。

ご参考になさってくださいね!

ますこは2020年も価格が安いです!

お取り寄せにおすすめです。
美味しくて値段の安いますこをお求めくださいね!


〈PR〉