魚によくあるゼリーミートとは

スポンサーリンク

魚のゼリーミートとは?

魚でゼリーミートって聞いたことがありますか?

魚の身がゼリーのようにとろけてしまうことです。

ゼリーミートは身がドロドロになってしまって焼いても美味しくないしんです。

下手すると身が崩れて原型をとどめなくなってしまうこともあります。

食べられないし、お店ではお客さんに出せません。

そんなという身の状態のことをゼリーミートと言います。

ゼリーミートはどんな魚に多いか

すり身とはどんな魚に多いのでしょうか。

一般的には 鯖や脂の乗ったカレイなどに多いです。

脂肪分の多い魚によくあるということですね。

ゼリーミートの原因

ゼリーミートの原因としては

  • 凍結した時に身が弱くなる
  • 元々の脂肪が多い
  • 鮮度の劣化

などが考えられます。

ゼリーミートを防ぐ方法

スポンサーリンク

ゼリーミートを防ぐには どうしたらよいでしょうか ゼリーミートの発生 する理由を潰していくしていくしかありません。

つまり

  • 鮮度を維持する
  • 冷凍しない

ということです。

しかし輸入品などは冷凍しないと、長い輸送には耐えられません。

そのため脂の乗った美味しい魚には一定の割合でゼリーミートの問題がつきまとうという、ということになります。

一応対策としては何度かゼリーミートがでた商品は使用を控える、 などです。

安くて脂がのって美味しい、と思って 仕入れたりすると ゼリーミートが頻発 ということもあります。

なんだかんだ言って品質は価格に反映されますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク