金華サバ、というサバを聞いたことがありますか?

最近では金華沖、という表現もあります。

金華サバとは?石巻市で水揚げされるブランドサバ!

金華サバは石巻市で水揚げされるブランドサバです。

基準として

  • 宮城県石巻港で水揚げされるもの
  • 定置網は生鮮サバのみを金華サバという
  • 一本釣りも生鮮のみ金華サバという
  • まき網は生鮮・冷凍どちらも可(ただし船内急速凍結品のもの)
  • 大型のもの
  • 漁期を限定

ということです。

石巻市場のページ参照
以前は600gUPなどの規格基準がありましたが、大きなサバが少なくなってきました。

そのため大きさの明確な基準を外したのです。

それと缶詰などは400gくらいでないと缶に入りませんからね。

金華サバはなぜ美味しいのか?

金華サバはなぜ美味しいのでしょうか?

この金華山の周辺には根と呼ばれる岩礁が多くあります。

根は魚が身を隠すことが出来たり、エサが豊富だったり、潮の流れが緩やかだったりします。

魚にとってはオアシスのようなところですね。

根は居心地がよく、そこをすみかにしている魚もいます。

そんな金華山沖で取れるサバが金華サバです。

環境がよく、エサも豊富なので、動かなくてもよいのですね。

そのため脂が乗って美味しいのです。

金華サバはなぜ人気なのか?

金華サバはなぜ人気なのでしょうか。

もちろん脂のノリのよいものを選んでいますね。

でもそれだけじゃないのです。

金華サバを使っている魚屋の親父さんは、「このサバは味がある」と言っていました。

脂ののりはノルウェーには負けます。

でもノルウェーサバは脂が強すぎるといえば強すぎるのですね。

その点、金華サバは程よい脂でサバの旨味があります。

金華サバの読み方

金華サバは「キンカサバ」と読みます。

金華サバの通販

金華サバは楽天など、通販各社で購入出来ます。

Amazonでは品揃えが少ないので、楽天がおすすめです。