黒鯛を1尾まるごとさばいてみた!潮汁が旨かった!

新型コロナウイルスの影響で鮮魚が安いです。

高級な黒鯛700gくらい?が580円で買えました。

市場では価格がとんでもなく安いそうです。

小売店がそれなりの利幅をとるので、我々が購入するときは高くなります。

それでも580円なので、激安と言えます。

そんな黒鯛を1尾まるごとさばいてみました。

黒鯛を1尾まるごとさばいてみた!

黒鯛を家庭でさばくのは大変です。

まずウロコをはがします。

包丁の峰で尾から頭に向かって擦ります。

我が家には「こけら落とし」などはありません。

しかも魚をさばく包丁もありません。

あるのはステンレスの万能包丁のみ。

薄い刃の包丁で魚の骨を絶つのは大変です。

でもまあなんとか切り分けました。

黒鯛をさばいて刺身に!

さばいた黒鯛は刺身にしました。

写真撮るの忘れました。

味は食感を楽しむ感じですね。

黒鯛のアラは潮汁に!

そして今回挑戦したのが潮汁。

以前真鯛でチャレンジしたときは生臭かったので、リベンジです。

臭みが出ないように下ごしらえをしっかり

今回は臭みが出ないようにしっかり下処理しました。

熱湯でさっと湯がき、冷水に浸けて流水で血合などを丁寧に掻き出しました。

そのあとネギやニンジンなどの具を入れて煮込みます。

味噌を溶いて出来上がりです。

黒鯛潮汁のお味は?

さて、お味はどうかというと、ちょっと臭みがあったけど、旨味があってとても美味しいです。

これ、はまっちゃいますね。

鯛を加熱するとこんなに美味しいのか。

びっくりでした。

黒鯛の白子

黒鯛白子が入っていたので、ポン酢で食べてみました。

味は?というと、特別美味しいというわけでもなかったです。

私の処理が悪かったかな?

きちっとした料理人が調理すれば 美味しくなったのかもしれませんね。

ちょっと筋なんかも取らなかったのでいまいちでした。

もみじおろしで食べれたらもっと美味しかったかもしれませんね。

次はもう少し勉強して調理してみたいと思います。

黒鯛を調理してみた!最後に包丁は良いものを!

以上黒鯛について見てきました。

クロダイは一般的には高級魚と言われています。

ただ新型コロナウイルスの影響で価格が安くなっていたので 庶民にも買える値段でした。

もし安くなっていたら挑戦してみてくださいね。

それと包丁は絶対切れる包丁を使った方がいいです。

私みたいに万能包丁ではやっぱり うまく調理できないし 味にも影響が出ます。

包丁はよく切れるものを使いましょう!

ということでまた!