留め型(止め型・とめがた・留型)ってご存知ですか?

最近 ここ10年以内で急に聞くくようになった言葉です。

留め型(止め型・とめがた)とは?

留め型・止め型とは、特定の小売店専用モデルのことです。

専用モデルですが、メーカーのブランドで販売されています。

PB(プライベートブランド)と似ていますし、同じようなものですが、若干違います。
PBは小売店のブランドになります。

それに対して、留め型はメーカーのブランドになります。

ブランドはメーカーのままで、特定の小売店専用モデルとなります。

家電メーカーから食品メーカーまで、多くのジャンルで行われています。

例えばケルヒャーの高圧洗浄機だけど、よく見ると規格のところに「JTK」と書いてあります。

ここでジャパネットたかたの専用モデル、留め型・止め型だとわかります。

逆にここを見ないと、ジャパネット専用モデルだと気が付きません。

つまり小売店の主導で開発した商品を、「独占的に販売したいから他には売らないで(留めて)止めてくれ」という商品が留型(止め型・とめがた)商品です。

ちなみに英語でいうと「limited edition」(リミテッド・エディション)らしいです。

限定バージョンという感じですね。


〈PR〉

留め型(止め型)とPB(プライベートブランド)との違いは?

それでは留め型とPBの違いをもう少し見ていきましょう。

留め型はメーカーのブランドが出る

前述しましたが、留め型(止め型)は、メーカー名が出ます。

サントリーのBOSSでも、セブンイレブン専用商品があったりします。

また、アサヒビールのように、PBを作る依頼が来ても、留め型で対応するところもあります。

参考記事:アサヒビール/平野社長「2019年もPBは、留め型商品で対応」

https://www.ryutsuu.biz/commodity/l011044.html

PB(プライベートブランド)は小売店のブランドになる

一方、PB(プライベートブランド9はメーカー名が出ません。

PBの例を挙げると

  • セブンプレミアム
  • トップバリュー
  • ヤマダ電機オリジナル家電

など、ありますね。
メーカー名がブランドとしては出ないことが多いです。

(ただし、食品の場合、製造者の名前は入ります。)

留め型(止め型)を作る理由は?

それではなぜ留め型(止め型)商品を作るのでしょうか。

メーカーが留め型商品を作る理由と、小売店が作る理由を挙げてみます。

メーカーが留め型商品を作る理由

メーカーには、ブランドを維持したい、という思惑があります。

あるいは、ブランドを拡散させたい、という思いもあります。

前述したように、PBですと、メーカーのブランドが出ません。

出るのはセブンプレミアムなどの小売店のブランドですね。

これだとメーカーが一生懸命作っても、自分たちのブランドが浸透していきませんね。

留め型なら小売店の要望も取り入れられるし、メーカーのブランドも出ます。

なのでメーカーは留め型商品を作るのですね。

留め型商品を作るアサヒビール

アサヒビールのように、PBではなく、留め型で対応するメーカーもあります。

これは「存在感、イメージを社名に集めたい」という経営方針です。

参考記事:アサヒビール/平野社長「2019年もPBは、留め型商品で対応」

https://www.ryutsuu.biz/commodity/l011044.html

小売店が留め型商品を作る理由は?こだわり商品や廉価版に用いられる場合も

小売店としては、有名なメーカーのブランド名がそのまま使えるのがメリットです。

そしてそこに自社の要望を込めることが出来ます。

そんな美味しい商品が留め型なのです。

ケルヒャーの高圧洗浄機を例にして解説します。

ブランドはそのままに差別化できる

ジャパネットたかたさんが、この商品を普通に販売したらどうなりますか?

消費者は同じ型の商品なら他の電機屋さんと価格を比べて、一番安いところから買いますよね。

そうするとただ価格の下げ合いになり、利益が出ません。

そこでジャパネットオリジナルにして、機能を良くします。

そしてそれを差別化にして販売するのですね。

ブランドはそのままに安く販売できる

また上記と反対に、ブランドはそのままに価格を抑えることもできます。

コストを抑えるため、部品を少し減らす、または重量をちょっと減らすのですね。

製造メーカーのブランド名で出回るのですが、規格が独自だったり、材料が少し違ったりします。

「安い!」と思って買ったら、ジャパネットたかたオリジナル規格だったりします。

一見どこでも売っている商品に見えるけど、実は機能が限定だったりします。

また、どこにでもある有名なさつま揚げ(4枚入り)が他の店より100円も安く販売されているのを見ました。
よく見ると、1枚1枚が小さかったので、留め型商品だと気が付きました。

このように小売店からすると、ブランド名はそのままだけど、安く販売できるメリットがあります。

留め型商品はPBよりもハードルが低い

留め型商品はPBよりもハードルが低いです。

PBを作ると売れようが売れまいが契約通りの数量は売り切らなくてはなりません。

上手く売れると利益を稼げますが、売れないと大変です。

販売が思わしくないと在庫リスクが高まります。

なにせその小売店のブランドなので、その店でしか売れません。

しかし留型(止め型・とめがた)ならちょっと重量を減らしたり、部品を少し減らしたりするだけなので、売れなかったときの軌道修正がしやすいのです。

留め型商品はアウトレットでほかの店で販売していることもあります。

だから最近留型(止め型・とめがた)が増えているのです。

留め型商品のまとめ

というわけで、留め型商品についてみてきました。

留め型商品とは、

  • メーカーブランドはそのままに、規格を替えたもの

でしたね。

プライベートブランドは

  • 小売店のブランドとして販売

ということでした。

留め型はPBとメーカー品の中間のような商品なのです。

  • メーカーとしてはブランドはそのままに大量に販売できる可能性がある
  • 小売店にとってはメーカーのブランドを利用して、他店と差別化できる

ということでした。

そんなわけで、安いと思ったら、スペックや商品の規格をチェックしてみてくださいね。


〈PR〉