日本では商業捕鯨が再開されました。

そのおかげでクジラがたくさん食べられる、と思いましたが、逆に少なくなってきています。

ナガスクジラが流通しなくなる?

ナガスクジラは南極での漁が出来ないので、今後出回らなくなります。

2021年はまだ販売していますが、今後は無くなっていきます。

またノルウェーやアイスランドで漁が始まれば流通すると思います。

【PR】

ナガスクジラの味は?

ナガスクジラの味は美味しいです。

旨味というか、独特の濃厚な旨味があります。なかなか文書では難しいですね!

ナガスクジラの特徴

ナガスクジラはヒゲクジラの中までは最大級です。大きいもので体長20メートル 以上にもなります。

全生物の中でも最大級と言えますね。

このこれより大きいものだと近い種類のシロナガスクジラがいるだけです。

大きい体の割にはオキアミなどの動物性のプランクトンをヒゲで濾しとって食べています。

そのせいか味はクセが少ないです。

大きいクジラなのでそのぶん繊維が強く 噛み応えのある食感となっています。

ナガスクジラの脂身を味噌汁にすると美味しい

食べ方としては脂身を味噌汁にします。

クジラの脂身は塩漬けになっています。

まず塩を洗い流します。

季節の野菜を入れて煮立ったら 塩を洗い流した脂身を入れます。

煮込んで脂身が縮れてきたら出来上がりです。

長い時間煮込むと旨味がどんどん汁に出てきます。

その代わり脂身は縮んで硬くなってしまいます。

こうして出汁をとった汁は 独特の甘みでとても美味しいですよ!

尾身は絶品

尾のところの身(尾の身)は、お刺身や焼いて食べると絶品らしいです。私は高級すぎて私は食べたことありませんけどね!

さらしクジラ

鯨の脂身をさっと湯がいて氷水にさらすとチリチリと縮れます。それを酢味噌などで食べると美味しいですよ!

脂身の味噌漬け

脂身を甘めの味噌で漬け込みます。

漬け込むこと約2ヶ月。 脂身は飴色に変化しています。その脂身をスライスしてそのまま食べます。脂身と味噌が絡み合ってとても美味しいですよ!

最後に:もしおっと美味しい食べ方があればコメントで、教えてくださいね!