しらす干しの選別にはいろいろあります。

ここではプロの選び方を紹介しています。

でも、一般の方が購入するときにも参考になると思います。

しらすの乾燥具合で選ぶ

冷凍されているものは完全に解凍します。

ぎゅっと握ってみて、ドリップが出ないか確かめます。

気を付けないと1キロのしらすが、ドリップか流れたら850グラムになっていた、ということもあります。

安くてもこういうものには気を付けなくてはいけませんね。

スーパーで販売されているものでも、ドリップが出ているものは安いものです。

味を見分ける

出来れば試食して味を確かめましょう。

  • 塩分が多いか
  • 苦みはないか
  • 旨みはあるか

などを味覚で確認します。

しらすの色で選ぶ

色も確認します。

しらすの色には一般に以下の色があります。

  • 白い
  • クリーム色
  • グレー

白いにもクリームとの中間色や各色の中間の色があります。

それと、腹が赤くないものが好まれます。

大きさで選ぶ

大きさも結構重要です。

1センチ未満ならたいてい小さめ(小スジと言われる)です。

1センチ以上あっても細ければ中くらい(中スジ)、太ければ太もの、となります。

しらすに他の魚の混ざりはないか

しらすにはイワシ以外の魚が混入していることがあります。

たこやイカ、エビや小魚です。

小魚はアジや、フグなどもあります。

フグというと毒がありそうですね。

しかし稚魚は食べても問題ありません。

しらすの成長段階で選ぶ

しらすはイワシの稚魚です。

なのであまり成長しすぎて、頭が銀色になってきているものは価値が下がります。

かえり(孵り)ちりめんと呼ばれる、この状態は頭がじゃりっとしています。

食感が悪いので敬遠されます。


スポンサーリンク

しらすの選び方まとめ

こまとめるとしらすは以下の基準で選びましょう。

  • 乾燥(ドリップが出ない方が良い)
  • 味(食べて美味しいもの)
  • 色(白い方が良い)
  • 大きさ(細かいものが良い)
  • 混ざり(他の魚が混ざっていない方が良い)
  • 成長しすぎていないもの

などですね。

それからボロボロとくずれるものも良くないですね。

このようにしらすの選び方には色々な基準があります。


スポンサーリンク

スポンサーリンク