Android 携帯に備わっている TalkBack 機能をご存知でしょうか?これがなかなか便利です。

私はKindle本の読み上げで使っています。これがあれば、ながらで本が読めます。家事をしているときや運転しているとき、なにか作業しながら本を聞けます。

そんな便利なトークバック機能を使ってKindleを読み上げさせる方法について解説します。

TalkBack(トークバック)機能の設定 ショートカットもあり!

TalkBackの設定は

  1. まずスマホの「設定」を開きます。
  2. 「ユーザー補助機能」を押します。
  3. 「ユーザー補助」を押します。
  4. 「TalkBack」を押します。
  5. 「TalkBack」をONにします。

これでトークバック機能がスタートします。

トークバックのショートカットキー

なお、私のスマホ(HUAWEI )ですとサイドの音量ボタンの上と下を同時に押すとトークバック機能がスタートします。

Kindle本を読み上げさせるTalkBack の使い方

ここまでの設定でスマホがトークバック状態になっていると思います。そこで一旦ホーム画面へ戻ります。

トークバックではダブルダップで確定になりますので、ホームボタンをダブルダップします。

Kindleアプリのある画面まで移動します。この時、二本指でスワイプします。

Kindleアプリをダブルダップして開きます。

Kindleアプリで読みたい本をダブルダップします。この時、本や画面をスライドするときには二本指で行います。

TalkBackの使い方が少々手こずります。

Kindle の読み上げ方ですが TalkBack をオンにした状態で Kindle アプリを開きます。

TalkBack は一度タップするとそのタップしたアイコンが緑色の線で囲われます。

その時点でもう一度タップすると Kindle アプリを開くことができます。

そして読みたい本をセレクト。
これも一度押すと 緑の四角で囲われるのでもう一度タップします。

そして本が開いたら 右にスワイプしてダブルタップすると読み上げてくれます。

これがどうもうまくいかないことがあるんですね。

なかなか読み上げてくれない時があります。

そういう時は Kindle の左上のボタンからダブルタップして 一旦本を閉じます。

そしてもう1回 本を開いてスワイプして、ダブルタップをすると読み上げ再開してくれることが多いです。

また、右にスワイプしてダブルタップ、してもページコンテンツ状態になってしまうことがあります。

androidが「ページコンテンツ、」と読み上げます。

また、コンテンツが緑色の枠で囲まれるので、ページコンテンツになっていることが分かります。

これ、むしろ一旦ページコンテンツ状態にしてから右にスワイプしたほうがスムーズです。

私は最近ではそのように使っています。

また、メニューを非表示にして、何回か右にスワイプすると「通し読みを開始します。テキストから音声に変換するにはダブルタップします」とスマホが言います。そうしてからダブルタップします。※読み上げの途中でダブルタップすると、まともに機能しない場合があります。

ページコンテンツとは?

ページコンテンツといって、そのページだけを読み開ける機能があります。

この状態だと、そのページだけ読み上げて、次のページには進みません。

ページコンテンツで読み上げている場合は

左にスワイプします。
そうすると「音声変換を開始します。テキストから音声に変換する場合はダブルタップを…」とアナウンスしてきます。
ダブルタップすると読み上げスタートしてくれます。

ここら辺が使いにくいのですが、本を読み上げてくれるという機能自体は素晴らしいと思っています。

また直感的にダブルタップなどで読み上げてくれるので運転中でもいちいち 再生ボタンを見つけて押すというようなことをしなくても良いです。

トークバックを一時停止したければ 僕の機種だとボリュームの大と小を同時に押すと一時停止状態になります。

Talkbackの注意点

トークバックには注意点が1つあります。

画面オフになっていても、また画面が点いた時にトークバックが再開されることです。

例えば会社とかで知らない間にトークバックが再開されて大きな声で「トークバックが再開しました!」と喋ったりします。

それが恥ずかしいのなんのって!

僕も会社でやってしまいました!

すごく恥ずかしかったです。

皆さんも気をつけてくださいね!

音量調節ボタンの大小を同時長押しでトークバックスタート!

音量調節ボタンの大小を同時長押しでトークバックがスタートします。

これはトークバックの設定で簡単に設定出来ます。これは便利です

それ以前はいちいち端末の設定→ユーザー補助→トークバックの設定とやっていました。

このやり方に気がついてから、随分気軽にトークバックを使えるようになりました。

TalkBackは便利!

トークバックはいいですね。

移動の時間今まではラジオを聴いていたのですが読書の時間になりました。

Audible もいいんですけど Audible で聞くものがなくなってしまったんですよね。聞きたいものは全部聞いてしまって。

なのでトークバックいや Google Books はおすすめです。音声変換して読み上げてくれますからね。

本当はKindleに読み上げ機能が付いていて欲しい!

本当はKindleに読み上げ機能が付いていて欲しいのです。

Google Play Booksは読み上げ機能が標準でついています 。だから本当はGoogle Play Booksにしたいんです。

しかし Amazon Kindle の方が本のリリースが早いし、種類も豊富。なのでトークバックを利用しています。

Talkbackは直感的な動きに対応してくれる

トークバックは元々、目の不自由な方向けの機能です。

そのため、目で追わなくても直感的な動きで動いてくれます。ここもトークバックの良いところです。

例えばスワイプとかダブルタップとかで トークを開始してくれます。

まあどちらもどちらですね。

大事なことはこうやって隙間時間なども情報収集に努める、ということです。

人間の声と違って機械の音声なので、結構明瞭に聞き取れます。時には耳にうるさく感じることもあるんですけどね。慣れれば問題ないです。

かえって人が読むより僕には聞こえやすいぐらいです。