アメリカ・トレーダーズジョーズに学ぶ、接客術

アメリカのカリフォルニア州を中心に店舗展開するトレーダーズジョーズ。
いま、このお店が注目を集めています。
このお店は賞味期限の長い商品(グローサリーと呼ばれるもの)を中心に扱っているお店です。
この、ロスになるものを思いっきり切り捨てる経営もいいですよね。
そのグローサリーを高品質なものを並べ、セレブたちにも人気のお店だそうです。

ではなぜそんなに人気なのでしょうか。

トレーダーズジョーズは人間味を売りの一つにしている!

このトレーダージョーズは店員さんも気さくに話しかけてくれるそうです。
ポップも毎日手書きするという、合理主義のアメリカとは思えないお店です。
アメリカのお店というと効率を追求したウォルマートやコストコの、ぶっきらぼうな接客イメージがあります。
しかしこのお店はそれとは真逆です。
こういう、ある種日本的な戦略で、小売り激戦区のアメリカで生き残っているのはすごいことです。
そして日本はこのお店から学ぶべきことがあるような気がします。

参考記事:
https://kaitsuke-ya.com/traderjoes


〈PR〉