うなぎの旬は?うなぎの美味しい時期は実は○○だった!

うなぎの蒲焼といえば夏のイメージがありますよね。でも実は昔は夏以外の季節も普通に食べられていました。

もともと夏にはあまりうなぎは売れなかったのです。ベタベタと脂っぽいからですかね?江戸っ子はさっぱりしたものが好きですからね。マグロのトロなども、捨てられていたそうです。

そんなうなぎを夏にも売りたいうなぎ屋の主人が平賀源内に相談したところ、「本日土用の丑の日」というコピーを店先に掲げました。

そしたらそのうなぎ屋は大繁盛した、とのことです(諸説あり)。

暑い時期にうなぎをを食べて夏バテを防止しましょう、という意味ですね。

そのイメージでうなぎは夏と言う イメージが定着しました。

江戸時代は江戸前で豊富にうなぎが獲れました。うなぎは庶民の味で一年中味わっていたと考えられます。

それではうなぎの旬はいつなのでしょうか?

うなぎの旬は実は冬

うなぎの旬は実は冬なのです。

魚全般に言えることですが、寒くなると脂肪を体に溜め込みます。だから、うなぎは冬になると栄養が豊富で脂肪がのって美味しいのです。

実はうなぎの旬は冬だっのですね。

うなぎを冬に食べた方がいい?

うなぎは「冬が旬」と書きました。冬は寒いので、身に脂を蓄えるからです。 でも人間にとってもやっぱり冬は寒いですよね。人間も動物ですので冬は脂肪を溜め込む傾向にあります。

だから脂肪の脂の乗ったうなぎを冬に食べるというのはとても合理的なんですね。

実は冬のうなぎは値段も安い

うなぎの値段は冬が安いです。冬はうなぎの人気がないです。なので、値段が安く設定されています。

うなぎの旬のまとめ

というわけでうなぎの旬 は冬、というということでした。

脂が乗って寒さに耐えるため脂が乗って美味しいのですね。

また冬は価格も安い傾向にあるため食べるなら冬が狙い目かもしれませんね。