現代ビジネスで脳科学者の中野 信子さんの書いた記事がとても面白かったです。

簡単に言うと、ブランド服を着た人の方が寄付をより集められるそうです。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59810?page=2

実際私の会社でも、トップセールスはきちっとした髪型、高級な時計、きちっとした身なり、そしていつもピカピカの靴を履いています。

見習いたいのですが、なかなかできません。
そうこうしてい売るうちに彼の人との差は開くばかりです。

余計な知恵を働かせず、まずはこういうところから見習いたいものです。

中野さんの記事によると、理屈ではなく、脳が反応してしまう、とのことです。
私は人間は恰好じゃない、と思っているタイプです。

しかしこうも結果に差が出てくると、稼ぐためには恰好から入ることも必要に思えます。
これは人間の恰好だけではなく店づくりやイメージにも応用できる話です。

脳科学者の中野 信子さんの著書を参考にしてみてください。
https://amzn.to/2SBLYYQ


〈PR〉