お魚のネタ帳!フィッシュをコーディネート!

お魚をもっと美味しく!もっと上手に、をモットーに、お魚の上手な利用法などをご紹介します。

月別: 2015年12月

さんまの水揚げが統計を取りだした1981年以降で最低だったそうです。

ことしはさんまが日本近海で漁場を形成しなかったとのこと。昨年は資源量は少ないながらもピンポイントで漁場を形成したので大量水揚げにつながりました。しかし今年は魚群が確認できず・・時化(しけ)が続いたことも最低の漁獲につなが […]

新潟に本社がある角上魚類。廃棄ロス率が驚異の0.05%!鮮魚の取り扱いが多いのにすごい!どうやったらこんな会社に追いつけるのか。

新潟にあるお魚屋さん「角上魚類」。関東にも進出していますね。 お店では専門知識をもった店員さんが調理の仕方からおすすめの食べ方、魚のおいしい時期などをアドバイスしてくれます。 ここの店員さんたちは本当にお魚が好きなんです […]

長野県にある伊那食品。50年以上増収増益を続けています。そんな会社の秘訣は?

すごいです。すごすぎます。50年以上増収増益ということは1958年6月18日に会社を設立してからほぼずっとということになります。トヨタ自動車の社長も話を聞きにくるほどの現会長の塚越寛さんがここまで成長させたようです。 こ […]

酢だこの選び方~色々な種類があります。年末に食べたくなりますね!

たこは年末に最大の需要期を迎えます。 「多幸」と語呂がにているので正月料理に欠かせない魚です。 茹でたタコを刺身で食べるのが一般的ですが、保存を効かせるために甘酢で漬け込んだ「酢だこ」もこの時期よく食されます。この酢ダコ […]

塩数の子はパリパリした食感なのに、味付け数の子はなんでやわらかい??

塩数の子はパリパリと歯切れがよいものが販売されています。 しかし、味付け数の子は柔らかくふにゃふにゃしているものが多いです。これは一体、なぜななのでしょうか?それはズバリ、「産地」が違うのからです。 北米の西海岸と東海岸 […]

東京では、12月に入った途端にお歳暮を配ります。

  江戸の人はせっかちなのか、12月の10日くらいまでにはお歳暮を贈り終わっています。 地方はというとのんびりしていて12月20日くらいまでお歳暮が続きます。 東京の人はなんでも一番が好きです。 かつおだって昔の江戸っ子 […]

面白いことに加工品は加工地が「産地」になるんです。中国の魚を新潟で加工すれば「新潟産」ですよ。

例えば中国の魚を新潟で味噌漬けに加工します。すると産地としては「新潟産」とうたえます。なんか変ですよね。 中国産が新潟産になるなんて。 今の法律では加工地は最終加工地が産地になるんです。(生産地) た […]