たこは年末に最大の需要期を迎えます。
「多幸」と語呂がにているので正月料理に欠かせない魚です。

茹でたタコを刺身で食べるのが一般的ですが、保存を効かせるために甘酢で漬け込んだ「酢だこ」もこの時期よく食されます。この酢ダコ、さまざまな原料を使い、いろいろな副原料で調味しています。そんな酢だこの選び方について解説します。

ミズダコを使った酢ダコ

まず関東以北で多いのは北海道のミズダコを酢だこに加工したものです。

ミズダコは世界最大のタコです。なのでこの酢ダコは足が太くて長いのが特徴です。鮭の加工が一段落ついた11月ごろから加工をはじめます。

ミズダコのメスは「真だこ」、真中、真大などと表記して販売?

メスのミズダコは食感が柔らかく、「真だこ」に似ているため、真だこなどと表現して販売することがあります。実際私も食べ比べたら、メスの酢ダコの方が美味しく感じました。

北海道の業者は「うちのタコが真だこだ!」というプライドもあるのかもしれません。

「真だこ(ミズダコのメス)」の見分け方

ミズダコのメスは業務用の外の箱には「真中(真だこの中の意)」などと表示されたりします。これはメスのタコの中くらいのサイズですよ、という意味です。

でもお店ではわかりませんよね。そんなときは足の吸盤の並び方を見てください。きれいに並んでいるのがメス、いびつに並んでいるのがオスです。

本当はオスでも若い個体は吸盤がきれいに並んでいたりします。でもそれもまだ筋肉が硬くなっていない可能性がたかいので、メスと同じ味、と思ってもらって結構です。

オスの酢ダコは硬い?

オスの酢ダコは硬いです。オスは、喧嘩をするので、どうしても筋肉が硬くなります。そのため、メスに比べ味が劣ります。

砂糖のみを使った「全糖」と「サッカリン」などの人工甘味料を使ったもの

副原料も砂糖のみをつかって「全糖」と表現したり、人工甘味料の「サッカリン」などを使用したものがあります。
やはり砂糖のみを使った酢だこのほうが人工甘味料、サッカリンなどを使用したものよりも美味しいです。
サッカリンはちょっと喉に刺激がある感じがします。その点砂糖は優しい味がしますよ。

マダコを使った酢ダコ、柳だこ、アフリカの酢ダコ

ミズダコの他には明石でとれる真だこ(関西ではこちらが主流ですね)。三陸などで水揚げされる柳だこ(小型の種類が多い噛み切るのに時間がかかる)。アフリカのモロッコやモーリタニアで穫れるタコ(食感が真だこに似ているとされる・シャクシャクした食感が特徴)。
いろんな種類がありますので迷ってしまいますね。ぜひ当サイトを参照にいろいろな味の違いを楽しんでみてくださいね。