2021年ズワイガニとタラバガニ、紅ズワイガニが値上がりしています。

お盆あるいは年末もかなり高値になると思います。

以下は日刊シーフーズニュースからの引用です。

単価69%高 カナダからの輸入9.2倍

日刊シーフーズニュース2021年6月10日参照

3割以上の大幅な値上げです。

なぜこんなにも高くなったのでしょうか。

高値の理由は3つあります。

  • カニ工場がコロナで生産出来ない
  • アメリカで内食需要でカニが食される
  • レストランが再開

ということでした。

詳しく見ていきましょう。

コロナの内食需要でアメリカのカニ需要が増え、値上げになった

最大の理由としてはアメリカの需要が増えたことです。

アメリカでは2020年、新型コロナの影響で外食店が軒並み休業に追い込まれました。

そのぶんのお金が内食に向かうことになりました。

ここまでは日本と同じ流れですね!

日本では保存食などが売れましたね。

アメリカでは、ホームパーティーの需要が増えズワイガニタラバガニなどが売れるようになりました。 レストランで食べるより全然安いということですね。

仕掛けたのはコストコとも言われています。コストコなどのスーパーがここぞとばかりにカニを売ったのですね。商魂たくましいですね。

それにデリバリーでもカニは人気になったそうです。

外食が営業を開始して、カニの需要がさらに増える

そして2021年6月時点でアメリカはワクチンの接種が進み、外食店もオープンしています。

これによって外食店でもズワイガニ、タラバガニを扱うようになりました。

アメリカは自国のカニだけは足りずでは足りず、カナダやロシアから輸入しています。

またズワイガニ、タラバガニが高いので 紅ズワイガニなども食べられています。紅ズワイなどは以前はアメリカではほとんど食べられなかったものでした。

そもそもコロナ禍でカニ工場が満足に生産出来なかった

話が前後しますが、そもそも2020年にカニの工場が稼働出来なくて、満足に生産出来ませんでした。

そのため供給が追い付かず、高値の一因になりました。

コロナでカニが値上げ、最後に

ということでお盆年末にかけてさらに上がる可能性があると言うか実際上がっているカニでした。今のうちに 買っておいてもいいかもしれませんね。

それにしても本当に色々なところに影響があったコロナ禍でしたね!早く正常な日常に戻ることを願っています。