紅ズワイガニをご存知ですか?

日本海側の深海で漁獲されるカニのです。

日本海側の鳥取県や新潟県では名物となっています。

また、ロシアやはり産、北海道産の紅ズワイガニもあります。

ただ紅ズワイガニは当たり外れが結構あります。身が詰まっていなかったり、パサパサだったり、味が薄かったりします。

そこで今日は美味しい紅ズワイガニの見分け方をご紹介します。

美味しい紅ズワイガニの選び方 脱皮直前は身が詰まっている

紅ズワイガニは脱皮の直前がもっとも身の詰まりがいいです。

逆にいうと脱皮の後は身が痩せています。

なぜかというと、紅ズワイガニは脱皮します。

紅ズワイガニに限りませんが、脱皮するときは筋肉を自ら溶かして脱皮ます。

柔らかい殻を筋肉で押し広げて一回り大きくなります。

なので脱皮後しばらくは身が少なかったり、食味に影響が出ます。

なので脱皮後の紅ズワイガニは避けましょう。

甲羅にフジツボのようなものがくっついていると身が詰まっている

また、ヒルと呼ばれる、甲羅にくっつく虫?フジツボのようなものがくっついているものは身がつまっている可能性が高いです。前回脱皮してから、かなり時間が経っていると考えられるからです。

紅ズワイガニの美味しい選び方 殻が赤いものを選ぼう

紅ズワイガニは殻が赤いものを選びましょう。殻が赤いものは身が詰まっていることが多いです。

殻が透き通っているものだと身が詰まっていないことがあります。

紅ズワイガニの美味しい選び方 重いものを選ぼう

紅ズワイガニは持つことが出来るのなら、重たいものを選びましょう。

また、水揚げ後、氷水で冷やさないと品質が落ちるそうです。このあたりはカニ担当が居るような専門の魚屋さんに行って聞いてみましょう。

茹でてから冷凍をかけると味が落ちる

茹でてから冷凍をかけると味が落ちます。

ベニズワイガニはただでさえ味の薄いカニです。冷凍をかけると旨味は逃げるし、身もスカスカになります。

なるべく冷凍回数の少ないものを選びましょう。

特に茹でてから冷凍をかけると、余計に味が落ちるので要注意です。

スポンサーリンク
今年かにを買うなら今のうちです!

美味しいベニズワイガニの選び方のまとめ

というわけで、美味しいベニズワイガニの選び方を見てきました。

まとめると

  • 身の詰まったものを選ぶ
  • 冷凍ものはなるべく避ける

というものでした。

ベニズワイガニは選び方が難しいです。ここに書いたことで見分けても、外れることがあります。信頼のおけるお店で買いましょうね!

スポンサーリンク
今年かにを買うなら今のうちです!