堀江貴文氏の健康の結論、という本を読んでいます。

今まで信じられてきた健康の情報とちょっと違う情報が掲載されています。

「健康の結論」の概要

基本的には検査をしっかりして、体の状態を知ることが大切、というような話です。

また1種類の食物繊維だけを摂っていると、かえって健康に良くない、という衝撃の事実も書かれています。

これはちゃんとエビデンスがあって、実験した結果から導かれた結論です。

詳しくはこの本を読んでみて下さい。

食物繊維はサプリメントで摂るよりも、色々な食物から摂ったほうがいいそうですよ。

野菜ばかりでは健康になれない?!

野菜ばかりを食べるだけでは栄養が取れず、肉も食べるべきだといいます。

肉には体に必要なアミノ酸が豊富です。

歳をとったら、むしろ食事に採り入れたほうがいいようです。

魚は健康にいいの?

この本には特に魚が健康によい、という話は出てきません。

特定の食材だけ食べて健康になることはないのですね。

食事のバランスが大事ということです。

それとちゃんと証明されている病気の原因をつぶしていこう、という本です。


スポンサーリンク

検査が大事!

この本では検査を推奨しています。

例えば大腸がんは内視鏡検査をしてポリープを取っていればある程度防げます。

胃がんの原因のほとんどはピロリ菌(東アジアにおいて)なので、除菌すればがんにかかるリスクを減らせるそうです。
PHVという子宮頸がんを起こす菌は

頭にもいる場合がある。若いうちにワクチン接種することが大事とのことです。

いろいろな病気の原因の一つと考えられている歯周病菌を増やさない努力が必要。

など、実践的だし、人類の死亡率を減らせるアイディアや知見が満載です。

健康で長生きしたい人は必読ですね。