最近ちくわなどにも表示されている「高タンパク」の表示。

これの基準がよく解らないので、調べてみました。

高たんぱくの基準、定義

高たんぱくといえる基準定義は、100gあたり16.2gです。

または、100キロカロリーあたり8.1gです。

また、一般に飲み物の場合は、

100gあたり8.1gです。(カロリー基準はなし)

たんぱく質強化の基準

消費者庁のページ参照

このどちらかであれば高たんぱくといえます。

高たんぱくを達成するには、2通りのパターンがあります。

単純にたんぱく質が多い

単純にたんぱく質が多い食材は高たんぱく食品といえます。

これはやはり肉類が多いです。

牛肉の赤身は100gあたり30gものたんぱく質を含みます。

これは文句なしに高たんぱく食品ですね。

カロリーと比較してたんぱく質が多い

また、カロリーと比較してたんぱく質が多い場合もあります。

白身の魚などですね。

最近販売されている高たんぱくちくわなどは、100gあたりのたんぱく質量が少ない…

と思ったら、カロリー基準なのですね。

【PR】

たんぱく質強化食品とは?

また、似たような言葉にたんぱく質強化食品があります。

これはどのようなものなのでしょうか。

これも消費者庁が定めた基準により表示することが出来ます。

たんぱく質強化の基準

たんぱく質強化の基準は以下の通りです。

  • 対照と比較して25%多い
  • または100gあたり8.1g
  • 飲み物は4.1gたんぱく質が多い食品

となっています。

消費者庁のページ参照

というわけで高たんぱく食品についてみてきました。

たんぱく質は意外と摂取出来ないものです。

これを参考に上手にたんぱく質を補給してみてくださいね!