お魚は昔から体に良いと言われていますね。

何が体にいいかと言うとDHA、EPA などの脂肪酸が体によいということなんですね。

これらは寒い海の中でも固まらない油です。油と言うと体に悪そうですが、これらは「油を減らす油」と言われています。そのため中性脂肪を減らすという効果が期待されています。

DHA、EPAは加熱に弱い!

そんなDHA、EPAですが、加熱にとても弱いです。焼き調理だと20%、油調理だと50%もなくなってしまうという研究結果もあります。

DHA、EPAは刺身で摂ろう!

というわけでお魚の栄養を積極的に摂るには刺身で食べるのが良いのですね。

毎日刺身はきつい

ただし毎日刺身はハードルが高いです。

まず刺身は買うとそこそこの値段がします。またアニサキスなど寄生虫の心配もありますよね。何より毎日刺身を食べていると飽きるのではないでしょうか。

そう考えると毎日刺身を食べて健康維持するというのはあまり現実的ではないですよね。

刺身を食べない日はサプリメントで補おう

刺身を食べない日はサプリメントを飲んでみてはいかがでしょうか。

サプリメントなら焼肉の日でもちゃんとDHA、EPAを補えます。