たらこといえば一般的にはスケソウダラの卵の塩漬けですよね。

産地はアメリカやロシアのものが安く大量に出回っています。

しかしやはり国産のたらこが一番美味しいです。

北海道で獲れたタラの卵を使い、さっと味付けしたたらこは絶品ですよ。

ただし時期によって卵の熟し具合が違います。

今日はそんな成熟によって違うたらこの種類を解説します。

水子、ガム子 たらこの熟しはじめ

はじめのうちは水っぽく、ぶよぶよした食感です。

あるいはつぶつぶ感がなかったりします。

この時期は水子とかガム子と呼ばれています。

お薦めの真子・成熟度がちょうどよい頃

その後、熟してくると真子と呼ばれます。

つぶつぶ感が適度にあり、皮が固くない状態です。

この時期のたらこが一番ベストな状態です。

このたらこに巡りあえたら、ラッキーです。

それは人工的に作り出したつぶつぶ感とは一味違うものです。

目付とは?熟度がさらに進んだ状態

その後、だんだんタラの卵は固くなってきます。

柔らかいと傷ついたりして破れますからね。

この、少し固くなってきた状態は目付(めつけ)と呼ばれています。

人によってはこの目付が一番美味しい、と言います。

私も個人的にはこの目付が好きです。

粒がざらざらして、卵を食べている食感があります。

旨味はこの時期が一番あるような気がしますね。


スポンサーリンク

たらこの選別 最後に

タラの卵の熟し具合はタラ自体の外見では判断出来ません。

漁師さんの経験や、統計データ試験操業などによりよい時期に漁獲されます。

それでも毎回よい品質とは限りません。

なので、美味しいたらこを食べたければこのブログを参考に問い合わせて見てくださいね。

それでは!

最後に:

オホーツクの海の幸はこちらがおすすめです。

北海道からお取り寄せはここ以外にないです!
僕も一度、網走に泊まったことがあります。
海と自然が豊かなところでした!

海産物中心に北海道の美味しいを真心込めてお届けしています。

40年超の実績がある北海道はオホーツク海に面した、網走の会社です。

安全で安心してお召し上がり頂ける商品をお届けします!