本ししゃもの代替え魚としてお馴染みのカラフトシシャモ。

ノルウェーやアイスランド、カナダなどで水揚げされています。

今年はこのカラフトシシャモの漁獲少ないです。

カラフトシシャモ産地別状況

カラフトシシャモ2019年の世界のカラフトシシャモ漁を見てみますと

  • ノルウェーは禁漁
  • アイスランドも途中から禁漁
  • カナダは平年並み

という状況です。

ノルウェーの今年漁獲のししゃも原料は皆無です。ただし、以前に漁獲された冷凍原料を持っている所もあります。その辺りが加工されて出回っています。

アイスランドものは おそらく6月頃搬入してそれで終わるのではないでしょうか。

主にカナダがししゃも漁を行っています。

8月の時点ではそろそろカナダ産のししゃもが出回ってきています。


スポンサーリンク

カナダ産ししゃもを使用で、値上げ

以前はカナダを取り扱っていなかった所も、カナダ原料を使っています。

カナダさんは卵率が高いため高値で取引されます。

アイスランド、ノルウェーの安売りをしていたししゃもは皆無になりそうですね。

2019年はししゃもが高くなりそうです。