クジラの赤肉

クジラの赤肉を食べてみました。

どうやって食べたかというと、刺身です。

ちなみにうちの家族は誰も食べませんでした。

やっぱりちょっと抵抗がありますよね。

クジラの赤肉の味は美味しいの?

クジラの赤肉のお味はというと…

クジラの赤肉

うーん。

ちょっと食感もぐにゃぐにゃだし、若干の獣臭があるのですよね。

正直、美味しくない。

私は馬刺のような味を想像していました。

馬刺しは食べなれていて、クジラの刺身は食べなれないせいでしょうか。

ただ、匂いに関しては鮮度が悪くなるとするようです。

なので、それこそユッケのように利用するのがいいかもしれませんね。

ユッケにしてしまえば味付けで誤魔化せますし、包丁でたたくので食感もわかりませんね。

なので食中毒問題以降、食べられない牛肉のユッケの代わりにクジラのユッケが流行りそうな気がします。

もちろん衛生管理は絶対条件です。

ただし、尾の肉は美味しいらしいです。

私は食べたことはありません。

また、ドリップもちょっと気持ち悪いです。

加熱してみましたが、特に美味しくは無かったです。

あくまでも個人の感想です。

クジラの赤肉は食中毒は大丈夫?!

クジラの赤肉での食中毒は聞いたことがありません。

もっともクジラの赤肉自体が安全でも、鮮度管理が悪ければ食中毒は起こりえます。

もっともクジラは昔から刺身でも食べられていますね。

カナダなどの北部に住むイヌイットの方々は生の鯨類、アザラシを昔から食べていました。(一度冷凍済み)

それで問題がなかった、と考えると、牛肉などの陸上の畜肉よりは安全な気がします。

クジラの赤肉は貴重な哺乳類の刺身である!

今、陸上の哺乳類で刺身で食べられるのは馬刺しくらいです。

なのでクジラの赤肉は、哺乳類でも貴重な刺身で食べられる肉、となります。

牛肉や豚肉、鶏肉の生食は危険。

ユッケやレバ刺しは2011年に起きた集団食中毒事件以降、禁止となっています。

ザ仰天ニュース:http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20161019_01.html

参考資料:「http://www.doyaku.or.jp/guidance/data/H24-7.pdf

牛肉にはO-111、O-157などの恐ろしい食中毒菌がついている可能性があります。

クジラにはついていないかというと、わかりません。

なにせ近年日本ではそれほど生食用にされていませんでしたから。

もしかしたらクジラ肉の利用が進んでくると食中毒などの問題が出てくるかもしれません。

どちらにしても清潔なまな板と清潔な包丁の使用は必須ですね。

食中毒菌を甘くみてはいけません。

前述の通り、人の命を奪うほどの菌です。

クジラの赤肉を食べた感想や調理方法を教えてください。

というわけでクジラ歴の浅い私の食レポでした。

興味のある人はクジラの赤肉、試してみてくださいね。

そして感想や調理方法など、気が付いたことをコメントください。

よろしくお願いいたします!!