ムール貝とパーナ貝という貝があります。どちらも美味しい貝です。でもムール貝とパーナ貝、見た目は似てるのですがどのように何が違うのか解説したいと思います。

パーナ貝はムール貝の一種

イガイ科の貝全般を「ムール貝」と言います。その中でもミドリイガイ属は俗に「パーナ貝」と呼ばれるんですね。

ムール貝
フランス語のムール (moule) は、イガイ科全般を広く意味する言葉である。英語のマッスル (mussel) はイガイ科およびイシガイ目、カワホトトギス科をも含む名称である。

ウィキペディア「イガイ科」のページより記事引用

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%82%A4%E7%A7%91

ミドリイガイ属(ミドリイガイぞく、Perna)はイガイ科に属する二枚貝の属の一つ。ミドリイガイなどが属す。俗にパーナ貝と呼ばれることもある。

ウィキペディアより引用

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%82%A4%E5%B1%9E

イガイ科全般をムール貝といい、イガイ科ミドリイガイ属の貝を俗にパーナ貝というのですね。

日本ではムール貝とパーナ貝は区別して呼ばれます。

見た目の違い。ムール貝は黒い殻、パーナ貝は灰色の殻

日本でいうところのムール貝の殻は真っ黒です。また、殻の内側もくすんだ色をしています。それに対してはパーナ貝は殻が灰色っぽいです。内側もサザエみたいに綺麗ですね。この辺がムール貝とパーナ貝の見た目の違いです。

パーナ貝の方が身が大きい

パーナ貝はムール貝よりも身が大きいです。食べ応えもあります。

パーナ貝の方が値段が高い

値段はムール貝の1.5倍ぐらいします。でもその価値は充分あります。

ムール貝は殻が割れやすい

ただムール貝は殻が割れやすいです。炒めたりしていると殻が割れて食べた時にジャリっとします。なのでムール貝を炒める時は気をつけて炒める必要がありますね。

ムール貝の食べ方

ムール貝はよく洗ってから使います。表面に砂や割れた殻、汚れが着いています。なので殻を割らないように気を付けながらよく洗います。

ムール貝は炒め物も美味しいです。地中海料理にすると美味しいですよね。私はオリーブ油にニンニクを炒め、鷹の爪とムール貝を入れて炒めて食べるのが好きです。味付けは塩のみで美味しいですよ!

ムール貝のガーリック炒め。

ムール貝のガーリック炒め。

海水浴場でもムール貝を見かける!

ムール貝の仲間は普通にテトラポットなどにくっついています。私も海水浴に行った時は磯遊びで採ったりします。食べてみるとジャリジャリと砂っぽいので食べられたものではありませんけどね!ムール貝から出ているヒモのようなものを丁寧に取り除く必要があるそうです。

ムール貝とパーナ貝の違いまとめ

というわけで、ムール貝についてみてきました。まとめると

  1. ムール 貝はイガイ科全般を意味する
  2. パーナ貝はムール貝の一種
  3. パーナ貝の方が美味しい
  4. パーナ貝の方が高い
  5. でもムール貝も美味しい
  6. パーナ貝の方が殻がしっかりしている
  7. ムール貝の殻は割れやすい
  8. パーナ貝の殻は灰色
  9. ムール貝は黒い

ということでした。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。