ニギスとキスの違いは?実は結構違う魚!

日本海側でよく食べられているニギスという魚をご存知ですか?

底引き網などで漁獲される魚です。

ニギスというのが正式名称です。

メギス
ニギス。目がうるうるしています。

新潟の上越地方や富山などでは普通のキス(シロギス)よりも一般的です。

一方、キス(鱚)という魚は有名です。

一般的に「キス」といえば、シロギスのことを差します。

また、日本近海、あるいは世界中にキスの仲間が生息しています。

日本ではキスは夏になると産卵のため、海岸に近づきます。

そのため海岸からの投げ釣りでも漁獲されます。

また通常は底引き網で漁獲されます。

そんなニギスとキスですが食べ方や見た目が良く似ています。

煮付けたり、フライにしたり、天ぷらにしたり。

でもこれらはかなり違う魚なのです。

ニギスとキスの違いは?

それではニギスは、キスとどのように違うのでしょうか?
もともとニギスは、キスににているから似鱚(ニギス)になった、といわれています。

ということはキスの仲間なのでしょうか。

しかし生物学的には違う魚です。

ニギスとキスの生物学的違い
  • シロギス(キス)= スズキ系 スズキ目 スズキ亜目 キス科 キス属
  • ニギス(メギス)=      ニギス目 ニギス亜目 ニギス科 ニギス属

こうしてみると、「目(もく)」からして違いますね。

これがどのくらい違うのでしょうか。

変な例えですが、人とオランウータンを比べてみますね。

  • ヒト=サル目ヒト科ヒト属
  • オランウータン=サル目ヒト科オランウータン属

こんな感じです。

ヒトとオランウータン以上に離れていますね。

また、メギスは背中の後方に脂ビレがあります。

そのため石川県漁連さんの資料では「大きく分けると鮭の仲間」と書かれています。

非常に似ている魚ですが、もはや全然別の種類の魚、といっていいかもしれませんね。

メギス(ニギス)の旬の時期は?

メギスは基本的には一年中獲れます。

ただし、7月から8月にかけては底引き網が禁漁となります。

なのでその時期はメギスはほとんど出回りません。

干物や冷凍物はありますけどね。

秋になるとまた底引き網の生メギスが出回ります。

9月は漁師さんは他に獲る魚もないのでこのニギス(以下メギス)を狙います。

だから、9月の市場はメギスでいっぱいです。

ぜひその時期に味わってみてくださいね。

メギスの主な水揚げ県としては

  • 石川県
  • 新潟県
  • 富山県

などがあります。

メギスの値段は?

たくさん水揚げのあるときはびっくりするような安値で取引されます。

ただ、あまりに大量に漁獲されて、価格が暴落すると、加工業者さんがまるごと買っていくので、底値は決まっています。

小さいサイズ、15㎝くらいのものは5尾で198円などと激安で売っているのを見かけます。

もう少し大きい中型のものでも5尾で298円くらいです。

どちらにしても水揚げのある近くのスーパーやお魚屋さんでは激安で販売されています。

ニギスの地方名呼び方色々

ニギスの地方名について少しふれます。

  • トンコロ(山陰)
  • メギス(新潟、静岡)
  • ミギス(富山)

など、各地で色々な呼び方があるのですね。