アカムツってご存知ですか?
そうあの通称「のどぐろ」のことです。
テニスの錦織圭さんが、ウィンブルドン大会後「日本に帰ったらのどぐろを食べたい」と発言されてから人気に火がつきました。

一般的には馴染みがないですよね。普通の磯釣りでも釣れないし。
また、名前は聞くけど見たことがない、というかたは結構いらっしゃいます。
はい、こちらです。

image

アカムツ(のどぐろ)の旬は?選び方のコツ、食べ方の概要

この記事の概要を紹介します。

  • のどぐろの正式名称はアカムツ
  • 旬は秋から冬にかけて
  • 産地は日本海、韓国
  • のどぐろは上品な脂が美味しい魚
  • のどぐろは大きいものが美味しい
  • 食べ方は刺し身や焼き物、煮付けなど

ということです。

さっそくみていきましょう!

のどぐろ、正式名称はアカムツ!

のどぐろとは、アカムツのことです。

標準和名をアカムツといいます。

ウィキペディア「アカムツ」によると、

アカムツは、スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科に属する暖海性魚類、とのことです。

スズキの仲間、というのは意外ですね。メバルっぽいと思いました。

正式名称はアカムツなのですが、口を開けると、のどの奥が黒いので「のどぐろ」と呼んでいます。

アカムツと表示して売っているのを見て、ノドグロと気がつかずに素通りされることもあります。
「のど黒」ですよ、と教えてあげると驚かれる方もいらっしゃいます。

通称「のどぐろ」なので、一応販売名は「赤むつ」にしておかないと、表示違反になってしまいます。

のどぐろ(アカムツ)の旬は?

のどぐろ(アカムツ)の旬は、9月冬にかけてです。

一年中獲れますが、 9月以降のものが脂が乗っていて美味しいです。

のどぐろ(アカムツ)の産地は?

のどぐろの産地としては日本海側が有名です。

でも太平洋でも獲れるようです。

また、韓国のものは脂がのっていて有名無実です。

のどぐろはあまり北に行くとせん。
北のキチジ、南ののどぐろと言われます。

のどぐろ(アカムツ)の美味しさは?脂がのり、上品な身質で皮まで旨い!

のどぐろはとても脂がのった魚です。

大きいものは干物にすると脂がギトギトになります。

しかし嫌な脂ではなく、上品な脂です。

のどぐろ(アカムツ)の選び方。北陸や韓国産が美味しい

それでは美味しいのどぐろの選び方をご紹介します。

のどぐろは大きいものが美味しい

のどぐろは一般的には大きいほうが脂がのっています。

1尾100gなど小さいものは脂が少ないです。(小さくても脂ののっているものもあります)

出来れば200g以上のものを選びましょう。

400g以上のものはかなり脂がのっています。

のどぐろは産地によっても美味しさが違う

のどぐろは、産地によっても脂ののりが違います。

美味しい産地は

  • 北陸
  • 新潟
  • 韓国

ですね。

もちろんこれ以外の産地でも時期や選別で美味しいこともありますよ!

旬に買う

のどぐろは9月以降の旬が美味しいです。

のどぐろの値段は?

のどぐろは高級な魚です。

小型のものは姿で、100g298円位で販売されています。

また、大型のものは姿で100g700円位で販売されています。

とても高いですね。

のどぐろ(アカムツ)の食べ方

のどぐろは、刺身や寿司でも美味しいですし、焼き物、煮付と何でもござれの美味しい魚です。

開いて干物にしてもおいしいですよ。

干物にすると旨くなる!のどぐろ

干物にすると適度に水分が抜けて旨味が凝縮します。

それを焼いて食べると脂がじゅわっとしみだしできて、身がホロホロと崩れてとても美味しいです。

アカムツ(のどぐろ)の旬は?選び方のコツ、食べ方などまとめ

というわけで、のどぐろについてみてきました。

まとめると

  • のどぐろの正式名称はアカムツ
  • 旬は秋から冬にかけて
  • 産地は日本海、韓国
  • のどぐろは上品な脂が美味しい魚
  • のどぐろは大きいものが美味しい
  • 食べ方は刺し身や焼き物、煮付けなど

ということでした。

ぜひ味わってみてくださいね!