PayPayが後払いを始めました。

チャージしなくて良いので便利になりましたね。

そんなペイペイ後払い、デメリットはないのでしょうか。

そこで今日はPayPay後払いのデメリットとメリットを解説したいと思います。

PayPay後払いのデメリット。手数料増加など

このPayPay後払いは実質的にはクレジットカードです。

クレジットのため、手数料増加?!

クレジットのため、店は2%程度のクレジット手数料を負担しなくてはなりません。

※ただし2022年5月ペイペイ導入店舗に聞いたところ、今のところ後払いでも手数料は変わっていない、とのことです。

つまり、お店からしたら負担増加となるわけです。

そして最終的にはそれは消費者の負担となります。

ここがデメリットですね。

ネット決済出来ない

後払いでは一部ネット決済が出来なかったりします。

まあネット決済はクレカやAmazonPayを利用する方も多いので、そこまでデメリットでもないのかな?と感じます。

PayPay後払いとは?実質的にはクレジットカード!

PayPay後払いとは、チャージなしで使える決済サービスです。

チャージせずに使った金額が翌月請求されます。

そうです。PayPay後払いは実質的には利便性が増したクレジットカードです。

マイナビニュース参照

今までは現金やクレジットからチャージして、その範囲で支払いが出来ました。

今度はこのチャージが要らず、上限額まで使えるようになりました。

PayPayの速さ、便利さはそのままにチャージ不要で便利になりました。

そして実質クレジットカードになったのがPayPay後払いです。

※PayPayは100億円還元などの莫大なサービスを行って利用者を集めました。

その利用者を相手にして、クレジットカードサービスを始めたのですね。

※中島聡さんのメルマガ参照

【PR】

PayPay後払い、お客側はメリットが大きい!

この後払いはお客側としてはとても便利なサービスです。

今までのPayPayの使い心地はそのままに、チャージしなくて良いのがとても楽です。

今までもクレジットを登録してれば似たようなことはできました。

しかしその場合もクレジットカードからいちいちチャージしなくてはなりませんでした。

私もときどき、残高不足と言われてその場でクレカからチャージしていました。

今はそれがなくなったので快適です。

クレジット情報を入力しなくても利用出来る

また、今までクレジットカードを登録するのが面倒でした。

今度はこれがなくなるので楽です。

PayPay後払い、お店のメリット・デメリット

お店からすればお金を使う壁が低くなるメリットがあります。

また、現金がなくても買えるので高額な商品も売れやすくなります。

デメリットとしては手数料かクレジットカード並みに高くなることです。

今までのチャージ式のPayPayはお店がPayPayに払う手数料は、0.5%ほどでした。

しかし後払いの場合は手数料が2%(%は推測)ほどと、クレジットカード並みになります。

これが店のデメリットです。

PayPay側のメリット

PayPay側からすればこれは実質的にはクレジットカードです。

なのでクレジットカード並みの手数料が取れます。

PayPay側のデメリットとしてはフロート(浮いたお金)が減ることです。

今までは現金チャージで預かったお金を運用したり、当座資金など色々に使っていました。

それが無くなった分、手数料をいただく、ということです。

後払い決済サービスは、初期費用や月額料金が発生します。

そこがやりたくてPayPayもメルカリも後払いを導入するのですね。

購入側からすれば

いちいちチャージしなくていい

入っている金額を気にしないでいい、ということがあります。

リボ払いで直接収益化

impresswatch様のページ参照
今まではヤフーカードなど、クレジットカードのリボ払いで収益化していました。

今度は直接リボ払い課金ができます。

また、ゆくゆくはローンにも繋げたいという思惑もあるようです。

ペイペイ後払いの意味。店とPayPay側、お客それぞれメリット・デメリットまとめ

というわけで、ペイペイ後払いの、それぞれの立場でのメリット・デメリットをみてきました。

まとめると

        • お客はいちいちチャージしなくて良い
            • 支払いが気軽になるので、お店の売上アップ
                • 高額商品も売れる
                    • PayPay運営側としては後払いは実質クレジットカードなので手数料をたくさんもらえる
                        • 滞納やリボで稼げる

                        ということでした。

                        店からすればチャージして手数料が安いというのがPayPayの魅力でした。以前は手数料タダでしたしね。

                        それが普及したことでPayPayが力技に出たのです。

                        それでもお店にとってもメリットはあるし、お客側もメリットがあります。

                        個人的には支払いはPayPay一択、と感じています。

                        ちなみに先日ラーメン屋さんへいったらPayPay使えない、といわれて違う店へ行きました。

                        ほんと現金持たなくなってきていますよね。

                        特に男性がそのような傾向にあると感じます。

                        なのでタイトルでデメリットと書きましたが、それを上回るメリットがペイペイにはあります。
                        まだ使っていない人はぜひご検討ください。
                        【PR】