サラダエビとむきえびボイルエビとは何がどう違うのでしょうか。

よくスーパーなどで「サラダエビ」というのを目にします。

しかも普通のムキエビよりも高いことがほとんどです。

一体このサラダエビとはなんなのでしょうか。

サラダエビとは?

サラダエビとはエビをボイル(スチームなど 加熱して)そのまま食べれるようにしたエビです。

サラダに混ぜて食べるという提案でヒットしたので「サラダエビ」と一般に認識されるようになりました。

ちなみに Wikipedia によるとサラダとは野菜等の具材を酢、油、塩、香辛料などで調味したものとあります。

ウィキペディアより

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80

そしてサラダエビはこのサラダ感覚で食べられるエビなんですね。


〈PR〉

サラダエビの特徴

サラダエビの特徴としては

  • チルド(冷蔵)で販売されている
  • 加熱せずにそのまま食べられる

というものです。

サラダエビとボイルエビ、ムキエビの違いとは?

ところでボイルエビ、むきえびなど色々な呼び名がありますね。

これらはもう少し範囲の広いものです。

例えばボイルエビと言うとボイル加熱調理したエビ全般のことを指します。

むきえびと言うと 殻をむいたエビ全般のことを指します。

サラダエビはまた上記の加工方法による分類と違って食べ方の提案、の意味合いが強いですね。

サラダエビとは?まとめ

というわけでサラダエビについてみてきました。

サラダエビはサラダ感覚で食べられるように開発されたエビ、でしたね。

また、

  • むきエビ
  • ボイルエビ
  • サラダエビ

これらは何が違うかという事について書いてみました。

ボイルエビはスチームやお湯で茹でて加熱したエビ

むきえびは剥いたエビ

サラダエビはボイルして加熱しそのまま食べてもおいしいように開発されたエビ

ということでした。

ボイルエビやムキエビよりも 狭い範囲のエビということになります。

野菜と和えて美味しいサラダエビを食べて夏を乗り切りましょう!


〈PR〉