最近「刺身をもっと美味しく食べる方法」というものをTwitterで見かけました。
なんでも刺身に塩を振って寝かせると美味しくなる、というもの。

ほんとに美味しくなるの?でも余計な水分が抜けて味が濃くなりそう!旨みは逃げないの?
などなど、いろいろ疑問だったので自分で試してみました。

そもそも刺身の美味しさって?
そもそも、刺身の美味しさってなんでしょうか。

私が考える刺身の美味しさとは

  • 食感
  • 旨味
  • 脂感

と、他の食材と同じようなものです。
上に書いた感覚をもとに、刺身が美味しくなるのか、試してみました!

刺身に塩を振る

まずは刺身に塩を振っていきます。
今回刺身の切り落としを購入したので、入っている刺身はさまざまです。

サーモン、わらさ、マグロ、鯛など、です。

塩をまんべんなく振りかけます。
ちなみに塩は沖縄の塩「シママース」にしてみました。
天然のにがりを含んだ天然塩です。

刺身を寝かせる

塩を振った刺身を寝かせます。

適当に20分くらい常温で寝かせます。夏など、暑い時期は冷蔵庫の方がいいかもです
ね。

刺身を水洗い

塩を振った刺身を水洗いして、塩を落とします。

水気を取る

水洗いしただけでは水っぽくなりますので、しっかりと水を切ります。

実食!果たして刺身は美味しくなったのか?

そしていざ実食。

ついでにほかの刺身も買ったので、食べ比べます。

食感

食感、いいですね。プリプリと身がしまっています。
サーモンも、マグロもプリプリです。
何もしない刺身と比べても、プリプリ感があります。

旨味

旨味?なのかどうかわかりませんが、旨味を感じます。
塩の旨味なのか、魚の旨味が凝縮したのか、とにかく旨味がある気がしますね。

脂は変わりません。
水分が出るので、脂感が高まるかとも思いましたが、よくわかりません。
もともと脂の少ない魚なので、仕方ないかもですね。

今度は脂のある魚でも試してみたいです。

というわけで刺身を美味しく食べる方法を試してみました。

結論としては「美味しくなる!」ということでした。

やって良かったです。
まあ、そんなに劇的には変わらなかったです。
今度はABテストのように、同じ刺身で何もしないものと塩を振ったものを試したいと思います。