ボイルホタテの製造方法。効率的に作るには?

ボイルホタテってありますよね。

北海道でボイル(茹でる)して、殻から剥いてあるホタテです。

その名前の通り、ホタテを丸ごとボイルして作ってあります。

一度ボイルして殺菌してあるので細菌の増殖を抑えられるというメリットがあります。
また、酵素の働きも抑えられます。

また茹でてあるので、そのまま食べることができます。

でも実際、工場では、どのようにして作っているのでしょうか。

ボイル帆立の製造方法。効率的な作り方があった!

さて、ボイル帆立はどのようにして作っているのでしょうか。

個人で作るなら一枚づつ手で剥いて、茹でればいいです。

しかし工場レベルだと、そうもいきません。

いちいち手で剥いていたら時間が掛かって仕方ないですね。


〈PR〉

帆立を殻から外す効率的な方法とは?

ホタテ貝には貝柱がくっついています。

この貝柱を手で剥くのは非常に大変なんですね。

手作業でやらなければいけないので。

工場のボイルホタテの場合は殻ごと茹でてしまうそうです。

殻ごと茹でて、その後振動を与えるとホタテの中身が貝殻から外れるそうなんですね。

なるほどこうやって作るとボイルホタテというのは効率がいい方法なんですね。

帆立はどんどん入荷してくる!早く製造しないと間に合わない

ホタテは生産者から加工屋さんにどんどん 入荷してきます。

加工屋さんは一度でも「今はこれ以上いらない」と言ってしまうと、その後生産者がホタテを送ってくれなくなってしまうそうです。

生産者も必死でしょう。

漁獲は天気次第だし、たくさん獲れる時と獲れない時があります。

獲れたらほっておくと腐ってしまいます。

安定的に買ってくれる業者にホタテを流すのは当然ですね。

ただ、どんどん入荷してくる加工屋さんも大変です。

どんどん処理しなくてはなりません。

手で剥いていたらとてもじゃないけど、処理が間に合いません。

なので殻ごとボイルして、振動で剥くのですね。

こうやってボイル帆立は効率的に製造されています。


〈PR〉