よくトラウトやアトランティックサーモンの加工で“トリムC”、“トリムE”という話を聞きます。

これは一体なんのことでしょうか。

トリムC、トリムEとは?

これは加工の段階の話です。

コトバンクによると、トリム【trim】は「刈り込み」という意味だそうです。

なので「トリムC」「トリムE」とはトリミング【triming】していった状態のことを指します。

加工が進むほどにABCDE・・とアルファベットが進みます。

日本では主に“トリムC”、“トリムE”と、CとEを耳にします。

それでは以下、CやEの状態を見てみましょう。

トリムCとは

トリムCの条件を見てみましょう。

  • 魚を3枚におろす
  • 骨を取る
  • 皮は付いたまま

これがトリムCです。

 

皮を剥いだら刺身で食べられるくらいのトリミング状態です。

海外では「3枚おろし」なんて言葉はないんですね。

だからわかりやすく「トリムC」としたわけです。

トリムEとは

これは3枚おろしからさらに進んで皮を剥いで骨をとった状態、いわゆる刺身用の状態です。

トリムEの条件は

  • 魚を3枚におろす
  • 骨を取る
  • 皮も剥ぐ

以上のような状態です。

 

この二つが日本ではよく耳にする言葉です。

でも、トリムBやトリムDなんて言葉も聞いたことがあります。

ではそちらも見てみましょう。

トリムBとは

トリムBとは、魚を三枚おろしにして、ヒレをとったものです。

トリムBの条件をまとめると

  • 魚を3枚におろす
  • ヒレを取る

ということですね。

骨と皮は付いてます。


スポンサーリンク

トリムDとは

それではトリムDは?というと…

トリムDは販売している輸入商社の人も、良く分かっていなかったです(笑)

トリムC(骨取り、皮つき)とトリムE(骨取り・皮とり)の中間ということはわかります。

僕が購入したトリムDは皮付きでした。

今日はカットの進み具合によってトリムC、トリムDとアルファベットが進む、という話でした。