最近筋トレがマイブームです。

毎日筋トレをした後に鏡で自分の大胸筋を見るのが楽しいです。

そんな筋トレ中に食べたい食材をピックアップしてみました。

そもそも筋肉を作るためにはたんぱく質が必要です。

筋トレをしている人は、脂肪の少ない鶏の胸肉やササミを食べる、といいますよね。

でも魚も鶏に負けず劣らずの良質のたんぱく質を含んでいます。

筋トレの食事は魚がいい理由・低カロリー・高たんぱく!

私が筋トレの食事に魚を推す理由は低カロリー・高たんぱくだからです。

魚はたんぱく質が豊富です。その割に脂質が少なく、カロリーも低いです。

鶏の胸肉なんかと比べても遜色ありません。

下記の表は低カロリー・高たんぱくの順番(降順)に並べてみました。

※最も低カロリー・高たんぱくなものは一番下です。

くろまぐろ/脂身、生 344kcal 20.1g 27.5g 0.058g
全卵/ゆで 151kcal 12.9g 10g 0.085g
ぎんざけ/養殖、焼き 257kcal 25.2g 15.8g 0.098g
[若鶏肉]/もも/皮つき、焼き 241kcal 26.3g 13.9g 0.109g
[若鶏肉]/むね、皮つき、焼き 233kcal 34.7g 9.1g 0.149g
/(さけ・ます類)/しろさけ/焼き 171kcal 29.1g 5.1g 0.170g
(たら類)/すけとうだら/すり身 98kcal 17.5g 0.2g 0.179g
/(まぐろ類)/くろまぐろ/赤身、生 125kcal 26.4g 1.4g 0.211g
[若鶏肉]/ささ身/焼き 147kcal 31.7g 1.4g 0.216g
/(まぐろ類)/びんなが/生 117kcal 26g 0.7g 0.222g
卵白/ゆで 50kcal 11.3g 0.1g 0.226g
(たら類)/まだら/焼き 109kcal 25.2g 0.2g 0.231g
/(かじき類)/くろかじき/生 99kcal 22.9g 0.2g 0.231g

 

単純に高たんぱくなら、鶏に軍配が上がります。

でも低カロリー・高たんぱくの比率で見てみると、鶏よりも、卵白よりも、まだらやクロカジキが若干上ですね。

そう考えると天然のタラや鮭、カジキ類は、脂質も少なく、筋トレの食事に最適なのではないでしょうか。

文部科学省「食品データベース」より筆者作成。参考URL:https://fooddb.mext.go.jp/

単純なたんぱく質の量だけにとどまらず、エネルギーとの比較(表の一番右)を見てみましょう。

タラやカジキなどはエネルギーの割りにたんぱく質の割合が多いので、低カロリー・高たんぱくと言えます。

ユーチューバーのぷろたんさんもタラを食べているそうです。

また、加熱すると水分が飛びます。

干したり、塩蔵することでも水分が飛びますね。

そうやって水分を飛ばすと、エネルギーやたんぱく質が濃くなりますね。

なので、筋肉をつけるなら加熱して食べたほうがよいです。

お腹にも溜まりずらいですしね。

筋トレの食事に魚を推す理由・魚は必須アミノ酸をバランスよく含んでいる

魚は必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

このバランスよく含む、というのが大事だそうです。

筋トレの食事に魚を推す理由・安い鶏肉は安全性に疑問?

鶏はホルモンや抗生物質を食べさせて大きく、病気にならないように飼育しています。

なので、その影響が人間にもあるかもしれない、と言われています。

「畜産食品中残留ホルモンのヒト健康に及ぼす影響に関する研究」

筋トレの食事に魚を推す理由・魚は色々な種類があるので、飽きにくい

魚は色々な種類があるので飽きにくいです。

鶏肉は一種類だけなので、飽きやすいです。

でも魚は鮭にタラ類、など種類が豊富です。

また食べ方もムニエルに鍋、揚げ物など種類が豊富ですね。

まあ油で調理すると、カロリー上がっちゃいますけどね。

 

魚は少し高いのが玉に傷

魚は筋肉をつけるのには良い食材です。

しかし鶏肉なんかに比べると、若干高いです。

しかし安全性などを考えると、筋トレの食事は魚を中心にしたほうがいいのではないでしょうか。