https://www.sankei.com/life/news/191214/lif1912140004-n1.html

チョウザメに女性ホルモンを食べさせることによって全てメス化するという実験が行われています。

チョウザメの卵というのはいわゆるキャビアですよね。

この実験をしているのは養殖技術の確立でおなじみの近畿大学です。

ウナギの完全養殖やマグロの完全養殖に成功したすごい大学ですね。

チョウザメが全てメス化すると雄雌の選別が要らなくなるのでキャビアの値段は 人件費のぶん10%ほど下がるそうです。

でもキャビアの値段って 20 G で5000円近くしたりします。

それぐらい超高級なんですよね。

これが10%下がったところで庶民に手が出せるかと言われれば疑問は残ります。

ただ国産のものが流通すれば配送費用なんかも安いですし、そこそこ安い値段で楽しめるのではないかなと思っています。


〈PR〉