スルメイカの養殖できるの?

スルメイカの養殖はできるのでしょうか?

昨今スルメイカが激減しています。

取れないと言っているなかスルメイカの養殖ができれば 良いのではないかと思います。

スルメイカは水族館で養殖=飼育されている!

実際水族館では養殖と言うか飼育している例はありますね。

新潟県上越市にある水族館「うみがたり」さんではスルメイカを飼育しています。

実際見てきましたが、スルメイカが泳いでいる姿は初めて見ました。

スルメイカ

元気に泳いでいる姿を見ると、養殖は簡単なのかな?と思ってしまいます。

でも飼育は大変みたいです。

スルメイカは商業養殖出来ない。というかしない

スルメイカは非常にデリケートな生き物です。

特に稚イカ(スルメイカの稚魚)はすぐに死んでしまうようです。

稚イカは水温の変化にも弱いそうです。

光が好きそうなイメージのスルメイカですが、うみがたりでは薄暗い水槽で飼育されていました。

また、高速で泳ぐため、壁に激突してしまうそうです。

なので、スルメイカは水族館レベルでは飼育できています。

でも結論から言うと、養殖するよりも漁獲した方がコストが安いということです。

養殖すると1尾あたり数千円のコスト(推測値)がかかるので、市場に受け入れられないのです。

スルメイカは高くなったといっても1尾1000円もしませんからね。

1000円したら、だれも買いません。

だからスルメイカの養殖はしないのですね。