鹿児島県でうなぎの味になる、ナマズの研究がされています。
ナマズはうなぎよりも生態が分かりやすく、簡単に育てらるようです。

一時期、パンガシウスを蒲焼きにして、価格の上がっているうなぎの代用にする動きがありました。

今回の話は、うなぎにより味の近い、ナマズを、さらに近づけようという動きです。
餌や育て方を色々工夫して、脂質や食感はかなり近づいてきたとのこと。

問題は泥臭さの部分。うなぎに比べ、どうも泥臭さが抜けないとのことです。

逆にいえば、ここをクリアすれば安定してうなぎ(?)を楽しめるようになりますね。

うなぎみたいに生態が謎に包まれている、というわけでもないですし。


あとは売れて、採算が採れるとなれば、スーパーマーケットに並ぶことでしょう

うまくスタミナがつきますよ、とアピール出来れば今年の土用の丑の日には高いうなぎの蒲焼きの替わりに主役になるかもしれません。