カナダのブリティッシュコロンビア州では2022年は紅鮭の大量遡上の年です。

ワールドカップの年に大量に回帰するのですね。

サーモンラン、またはアダムスランと呼ばれ、有名です。

サーモンランとは

鮭のランとは、ウィキペディアによると母川(ぼせん)回帰を示す言葉とのこと。

母川を目指し、大量に遡上します。

以下ウィキペディアより引用です。

カナダ・アダムズ川のサーモン・ランサーモン・ラン(英語:salmon run)は鮭が自分が孵化した場所へ海から戻り産卵するため川を遡上すること(母川回帰)を指す言葉である。

支流のアダムズ川で見られるサーモン・ランには10月ともなると多数の観光客が集まる。

ウィキペディア「サーモンランとは」

この大量遡上の様子がマラソンのようなのでサーモンランと呼ばれています。

アダムスランとは?

アダムスランとは、カナダのブリティッシュコロンビア(BC)州の大河フレーザー川の支流、アダムス川に紅鮭が大量に遡上することです。

特に4年に一度、大量に遡上するのは見物です。

4年に一度、ワールドカップの年に紅鮭が大量遡上!

アダムス川にはワールドカップ開催の年に紅鮭が大量に遡上することで有名です。

なぜだかわかりませんが、この大量遡上は4年に一度なのですね。

4年前に大量に産卵された紅鮭たちが戻って来ているのです。

この紅鮭は日本へ輸出するの?

この紅鮭は日本へ輸出されるのでしょうか。

アダムスランでの遡上が約3,000万尾とします。(2018年予想)

3,000万尾×約1尾2Kgとすると

6万トン。(ラウンド・まるごとの状態)

日本のチリからの銀鮭の輸入量が年間8万~9万トン。
(ドレス・内臓とり、頭なし状態)

3,000万尾といってもすべて漁獲できるわけではありません。

また、カナダ国内である種のお祭りと化しているアダムスランです。

注目度は高く、そのため、漁獲された紅鮭はカナダ国内で消費されることが多いよう
です。

このように考えると日本へはあまり入ってこないのかもしれませんね。

樽紅(たるべに)というしょっぱい鮭として有名!

またこの紅鮭は、あまりに大量に獲れるため、塩漬けをして冷凍で保存されます。

その賞味期限は2年以上!です。

業界の常識では考えられないロングライフですね。

樽紅に関しては以下の記事をご覧ください。