柳の舞(ヤナギノマイ)という魚をご存知ですか?

メバル科メバル属の魚です。

メバルに近い種類ですね。

北海道などで定置網で漁獲されます。

北海道では大衆魚のようですね。

柳の舞の自作レシピ!

今回柳の舞が安く手に入ったので、さっそく調理して食べてみました!

自作のレシピ(といっても他の魚の流用ですが)もご覧ください。

 

まず柳の舞を解凍します。

うーん、メバルの仲間だけど、若干黄色味がかっています。

煮魚だと、魚のポテンシャルがもろに出てしまう、と思いました。

なので今回はアクアパッツァと刺身にしてみました。

柳の舞 アクアパッツァのレシピ

今回はにんべんのアクアパッツァの素を使いました。

柳の舞のアクアパッツァ レシピ
  1. 柳の舞のウロコを包丁の峰でこそげ落とす。
  2. 頭と内臓を取り、血合いを取ってよく洗う(今回、内臓を出さずに作ってしまいました…)
  3. フライパンにオリーブオイルをしき、柳の舞を投入。
  4. アスパラ、キャベツ、アクアパッツァの素を入れ、煮込みます。
  5. 15分くらい煮込んだら完成です。

失敗点は内臓を出さなかったこと!

内臓は苦く、臭みがあります。

でもアクアパッツァの素にハーブやスパイスが入っているため、内臓を取り除けば美味しく食べられました。

クセもなく、子供たちは大喜びで食べました。

このアクアパッツァの素、ハーブやスパイス、それになかなか常備していない白ワインが入っています。

家に常備しておくと、何かと使えそうです。

アクアパッツァの素
今回使ったアクアパッツァの素。ハーブや魚の旨味、白ワインが入っています。Amazonリンク。

柳の舞の刺身のレシピ

一応、冷凍品ですが、刺身にもしてみました。

特にレシピというほどではないですが、一応。

柳の舞の刺身レシピ
  1. 柳の舞のウロコを包丁の峰でこそげ落とします。
  2. えらのところから包丁を入れ、頭を落とします。
  3. お腹をさばいて内臓を出します。この時、血合いも取り除きます。
  4. 三枚におろします。
  5. 今回はバーナーで皮目を炙ってみました。
  6. スライスします。

今回はバーナーで皮目を炙ってみました。

皮を取るのが面倒だったからです。

柳の舞の刺身。
柳の舞の刺身。価格は激安。身が少ないが立派な刺身。

食べてみると、コチコチした身質です。

若干の臭みがあります。

もしかしたら僕の包丁さばきが悪いだけかもしれません。

さっぱりとした味でした。

まずくはないですね。

一度冷凍にしたものの解凍品なので、ちょっと旨味が抜けていました。

調理の仕方によっては、美味しくて安いたんぱく質の供給源となりそうです。


〈PR〉

柳の舞の値段は?

柳の舞の値段は安いです.

200g~300gくらいの魚が1尾150円くらい。

だけど骨もあるし、内臓取って、頭を捨てると、可食部はそれほど多くはありません。

安いけど、捨てる部分も多いです。

積極的に買うか?といえば疑問です。

まあ安いからいいです。

柳の舞の市場での評価は?

メバルの仲間のわりに市場での評価は低いようです。

個人的には脂ののりが少ないからだと思います。

また、内臓に臭み、苦みがあります。ここも評価が低くなるところですね。

春、他の魚を狙った定置網にかかるそう。

ある種、邪魔者扱いです。

目的の魚ではないので、とりあえず冷凍して保管しているそうです。

本州へはほとんど運賃だけの価格で入ってきたりします。

 

柳の舞の産地は?

柳の舞は主に北海道で漁獲されているそうです。

僕が買ったのも北海道産でした。

特に日本海側でよく獲れるそうです。

柳の舞のまとめ

柳の舞という魚の冷凍が安く手に入り、今回初めて食べました。

普通に美味しく食べました。

料理の仕方が良かったのかもしれませんね。というかアクアパッツァの素が良かったのだと思います。

大体なんでもアクアパッツァにしたら美味しく食べられます。

なので次回は煮魚、焼き魚に挑戦してみたいと思います。

人生は挑戦ですからね!

最後に:

オホーツクの海の幸はこちらがおすすめです!

北海道からお取り寄せはここ以外にないです!

私も一度、網走に泊まったことがあります。

海と自然が豊かなところでした!

海産物中心に北海道の美味しいを真心込めてお届けしています。

40年超の実績がある北海道はオホーツク海に面した、網走の会社です。

安全で安心してお召し上がり頂ける商品をお届けします!


〈PR〉