パン粉にはカラーパン粉と白パン粉と、それらをミックスしたミックスパン粉などがあります。

文字通り、色がついているか、白いパン粉なのかという違いがあります。

 

これらはどのような違いがあるのでしょうか。

カラーパン粉と白パン粉の違い

それではなぜカラーパン粉、白パン粉があるのでしょうか。

それは揚げ上がりの色づきに違いがだせるからです。

カラーパン粉のほうが揚げ上がりの色が濃いです。

白パン粉は揚げ上がりのい色が薄いです。

ミックスパン粉はその中間ということになります。

なぜカラーパン粉と白パン粉を使い分けるのか

ではなぜカラーパン粉と白パン粉を使い分けるのでしょうか。

一般的には揚げ上がりの色は「きつね色」が美味しいとされています。

揚げた時に、美味しそうな「きつね色」」になるために、パン粉の色が調整されています。

大きさ・揚げ上がりの時間でパン粉の色を使い分ける!

フライというものは、揚げる時間が長ければ長いほど、色が濃くなります。

小型のメンチカツやフライは揚げ時間が短いです。

熱が通るのが早いので、鍋から早く引き上げます。

そうすると色がきつね色に着く前に上げることになります。

きつね色ではない、白っぽい色だと、美味しそうに見えません。

そのため、揚げる前のパン粉で色を着けておくのです。

こうすると、短い揚げ時間でもきれいなきつね色になりやすいです。

逆に揚げ時間の長い物、大きなコロッケやとんかつなどでは、中心まで加熱されるのに時間がかかります。

時間をかけて揚げるほどにパン粉に色が着きます。

色が着きやすいので、大きなものには白パン粉を使うのですね。