こんにちは!

私はもう何年も格安SIMのスマホを使っています。音声通話が無いデータだけの場合は月々980円位でした。そういう話をすると「なんでそんなに安いの?」などと聞かれたものです。

最近ではドコモのアハモや楽天など、キャリアが安いプランを出していますよね。しかし格安SIMのほうがもっと安いですよ。

格安SIMとは

格安SIMとは、通信業者がドコモなどの通信キャリアの回線を借りて、スマホ事業を展開していることです。といってもビッグローブ(元NECの一部門で今はKDDIの子会社)やOCN(NTT系)など、ちゃんとした会社が運営しています。

スマホ本体は別途用意する

格安SIMの場合、基本スマートフォンは自分で用意します。Amazonで「SIMフリー」と書かれたスマートフォン本体を購入します。そして同時に格安SIMの通信カードを契約します。

あとはスマートフォンに格安SIMを差し込んで設定すれば携帯電話として使えます。

格安SIMをiPhoneにも入れられる?

格安SIMをiPhoneにも入れられるのでしょうか。結論、お手持ちのiPhoneに入れて使えます。

A.動作確認済みのiPhoneをはじめ、auやdocomoのスマートフォン*やSIMフリー端末なら、SIMを差し替えて簡単な設定をするとそのままご利用いただけます。

au販売端末はタイプAをご利用の場合でもSIMロック解除が必要です。ただし、2017年8月1日以降に販売された端末はSIMロック解除は不要です。

ビッグローブのサイトより記事引用

というわけで、「今のiPhoneはそのままで通信料金を安くしたい」という人にもおすすめです。さっそくドコモへ行って解約しましょう。電話番号ポータビリティで電話番号を引き継げるので安心ですよ。

最新機種「iPhone13」も使えるよ

最新機種「iPhone13」も問題なくつかえます。iPhoneをご用意いただき、SIMカードをセットすればすぐに使えます。

よくわからない人向けにスマホセットもあるよ

格安SIMはスマホと別々に契約と購入になるので分かりづらい、ということもあります。そんな人向けにスマホセットもあります。スマホの割賦がかかりますが、簡単ですのでこのプランもおすすめですね。

選べる機種は

  1. iPhoneSE
  2. シャープ・AQUOS Phone
  3. その他格安スマホ

となっています。

YouTubeが見放題!エンタメフリーオプションもあります

また嬉しいことにエンタメフリーオプションもあります。

これは定額料金を支払うとYouTubeやAmazonミュージックなどのエンタメをどれだけ使っても通信量がかからない、という嬉しいオプションです。

これ、ほんとおすすめです。

外出先でYouTubeが観たくても、ギガを気にして観られなかったりしますよね。

しかしこのSIMのエンタメフリーオプションならどれだけ使っても一定額委譲かかりません!!

料金も格安なので、これはとってもおすすめです!今すぐ楽しんじゃいましょう!!

格安SIMはメインスマホで使えるの?

格安SIMで心配なのは「メインスマホ」で使えるのか?という問題です。結論から申し上げますと、「使えます」。

私のプライベートのメイン(というかこれしか持っていませんが)としてバリバリ使っています。また娘も私とシェアしています。なのでメインとして全く問題ありません。

音声通話は必須?無くてもいける?

私は一時期、音声通話なしのプランで契約していました。通話は会社から持たされたガラケーでしていました。また、スマートフォンにガラケーの電話番号で登録すれば、音声通話が無くてもLINEが出来ます。

しかし最近はガラケーを持っている人は化石になっていますよね。また、会社携帯などのメイン携帯電話がない場合、LINEを使うことを考えると、音声通話は必須となります。

こちらのSIMなら音声通話プランもあります。
【BIGLOBEモバイル】音声3ギガプラン1年間770円/月

また、格安SIMスマホをテザリング専用にしておいて、出張先などでパソコン作業、という使い方もできますね。
【BIGLOBEモバイル】音声3ギガプラン1年間770円/月

ギガはどのくらいがいい?

格安SIMで迷うのが、ギガ数です。ギガを大きくすれば外出先でバリバリ使えます。けれどもその分、料金は高くなります。

私の場合

私は6ギガを娘とシェアしています。娘のスマホと合算で6ギガです。普段、会社で仕事をして、自宅ではWi-Fiに接続しているので、ぎりぎり足りるか足りないか、くらいの通信容量です。

娘と合算で3400円税込くらい。1人分約1700円ですね。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリットとして、私が一番実感するのはお昼ごろなど、混む時間の通信速度の遅さです。

格安SIMはドコモなどのキャリアから通信網を借りています。そのため、通信量が増えてくるとドコモなどのキャリアが優先されます。特にお昼ごろが一番遅さを実感します。夜は自宅でWi-Fi環境なので特に気になりません。

格安SIMはどこがいい?

とにかく安くしたい方にはビッグローブがおすすめです。また、ほどよく安く使いたい方にはドコモのアハモがおすすめです。

アハモのサイトはとにかく分かりやすくていいですね。すっきりしていて迷わない。ビッグローブはサイトは見づらいですが、私は見づらさよりも安さを取ってビッグローブにしています。

また、お持ちのiPhoneがドコモで購入したものならば、ビッグローブのSIMカードに入れ替えればすぐに使えます。

私の友人は「お金がない、お金がない」と言いながら、ソフトバンクの一番ギガ数の多いプランを契約しています。

また、私の妹は「格安SIM、よくわからない」といって、月額8000円近く支払っています。

私にはこの理由がわかりません。ちょっと調べたりするだけで、あっという間に節約出来るのに…格安SIMに切り替えたら5000円ぐらい浮くのに…ちょっと調べるだけですぐに小遣い増えるのに…私はいつもそう思っています。

iPhone でも使えるし、メインのスマホとしても使える。込み合う時間は遅くなるけど、動画は普通に見られます。動画って意外と繋がるのですよね。

そもそもそんなにスマホの速度って重要?って思いますよ。だってお金に替えてられないじゃないですか!

こうしている間にもどんどん高い料金がかかります。この記事をお読みの方はぜひ格安SIMを使って節約されるように願っています。