水産業界にいると魚の「ドレス」という言葉をよく聞きます。

マグロや鮭、鯛やヒラメなど、いろいろな魚で使われる言葉です。

「鮭のドレスいりませんか?」とか、「ドレスになっています」などの使い方をしています。

どうやらドレスとは魚の状態のことのようです。

魚のドレスとは?

それでは魚のドレスとはなんのことでしょうか。

ドレスとは魚の頭を落として内臓を出した状態のもののことです。

食べられない内臓と、頭を取り除いたので、可食部のみ(骨はありますが)の状態ですね。

魚のドレスの由来は?

ドレスがどういう状態か、わかっていただけたでしょうか。

では「ドレス」とはいったいどこから来た言葉なのでしょうか。

諸説あります。

主なものは以下の二つです。

  • 「ヘッドレス(頭なし)」からきている
  • 人間でいう、服を着ている部分(ドレス)だけの状態なのでドレスというようになった

というなど、諸説あり、イマイチはっきりしません。

 

スポンサーリンク:私おすすめのお取り寄せショップはこちらです。お歳暮はこちらで決まりです!
年末年始はお取り寄せで美味しいものを食べましょうよ。