水産業界にいると魚の「ドレス」という言葉をよく聞きます。

マグロや鮭、鯛やヒラメなど、いろいろな魚で使われる言葉です。

「鮭のドレスいりませんか?」とか、「ドレスになっています」などの使い方をしています。

ドレスとは魚のカットの段階のことです。

魚のドレスとは?

それでは魚のドレスとはなんのことでしょうか。

ドレスとは魚の頭を落として内臓を出した状態のもののことです。

ドレス。頭を落とし、内臓を取ってあります。

 

食べられない内臓と、頭を取り除いたので、可食部のみ(骨はありますが)の状態ですね。

マグロ、鮭などの比較的大型の魚から、イワシ、さんまなど、さまざまな魚がドレスに加工されます。

食べない部分を取り除くので、配送費の節約になります。

また、購入した側も用途はいろいろあるけど、ゴミになる部分は取り除いてあるので、うれしいですね。

このように販売する側、購入する側にメリットがある加工方法です。


〈PR〉

魚のセミドレスとは?

ところでセミドレス、という言葉もあります。

これはセミ(半分)ドレス、ということです。

セミドレス。
絵ではわかりづらいが、内臓は取り除いてある。

 

具体的には頭は付いたまま、内臓を出した状態ですね。

そして劣化しやすいエラを除去してあります。

 

新巻きサケなどはセミドレスですね。

日本人は「尾頭付き」が縁起がいい、と考えます。

なので、頭をつけているのですね。

ちなみに頭を落としてから内臓を出す、ドレスのほうが加工は簡単です。

セミドレスは頭を残しますが、エラは取ります。

そのため、一般的には加工の手間がかかります。

魚のドレスの由来は?

ドレスがどういう状態か、わかっていただけたでしょうか。

では「ドレス」とはいったいどこから来た言葉なのでしょうか。

諸説あります。

主なものは以下の二つです。

  • 「ヘッドレス(頭なし)」からきている
  • 人間でいう、服(ドレス)を着ている部分だけの状態なのでドレスというようになった

というなど、諸説あり、イマイチはっきりしません。

魚のドレスのまとめ

というわけで魚のドレスについて解説してきました。

まとめますと、

  1. 魚のドレスはカットの状態をしめす
  2. ドレスは頭を落として内臓を取ったもの
  3. セミドレス(半分ドレス)は頭付きで内臓を出したもの
  4. ドレスの由来は「ヘッドレス」、「ドレス(服)を着ている部分」だけ残す、などが言われるがはっきりしない

ということになります。

ご参考になさってくださいね!

 


〈PR〉